肥満による汗臭さを治すには?ケアする4つのおすすめ法

肥満による汗臭さ対策

肥満によってどれくらい汗臭くなる?

肥満による汗臭さはどれほど?

肥満の人は、通常よりも汗をかきやすく、体臭も強くなりやすい傾向があります。

標準的な体型の人は、1日に約0.55Lの汗をかくと言われています。

肥満の人は、脂肪率によって異なりますが、1日に約1L~1.5Lの量の汗をかくため、2~2.5倍以上の量の汗をかきます。

標準的な体型の人に比べて、皮下脂肪が断熱剤のような働きをするため、体内の温度が上がりやすく下がりにくい特徴があります。

たくさんの量の汗をかきやすく、そのまま放置していると汗臭いニオイが発生しやすくなります。

汗をかくこと自体は、しょうがいないことなのですが、それをそのまま放置することによってツンとした汗臭さが増していきます。

汗かきの対策方法汗かき体質を改善する4つの対策方法!あなたに適した方法を見つけよう

 

肥満による汗臭さの治し方

肥満の汗臭さの4つの対策方法

肥満によって汗臭さを予防したり、治したりする方法はいくつかあげることができます。

少し意識しただけでも改善することができる方法もあります。

対策をしていない方は、なにかしら始めてみてはいかがでしょうか?

 

食生活の改善

油分の多いのや野菜不足など、食生活は汗や皮脂の分泌物にも大きく影響します。

脂肪分の多い汗や、ベタベタした皮脂が多いと、本来無臭の汗が酸っぱいニオイを放つ原因になります。

特に、体の部位でも汗をかきやすい脇には、汗腺のほかに皮脂を分泌させている脂肪腺があります。

汗の量が多いと、汗臭さとともにワキの細菌が混じることで強烈なニオイへと変化していきます。

肉や揚物など脂肪分の多い食事を控えるなど、食生活を見直すことで、大きな改善が期待できます。

具体的な栄養素や食事については、以下の記事をご覧ください。

体臭に関係する食べものは?体臭に関係する食べものは?体臭の原因となる食材と体臭を抑える食材

また、体内の脂肪分を落とすダイエットは、もちろん効果的です。

体内の脂肪分が多いと、アポクリン汗腺から分泌される汗の中に脂肪分が多く分泌されてしまいます。

結果として、肥満の場合は、汗のニオイが強くなるため、ダイエットをすると自然と汗臭い状態になりにくくなります。

 

定期的な運動

運動不足により、発汗する機会が少ない場合、体内に老廃物が蓄積されてしまいます。

汗をかいた際に、老廃物が多く混ざった状態で分泌されます。

これによって、汗に雑菌が繁殖しやすいために、汗臭いニオイが発生しやすくなります。

定期的に運動や発汗をしていると、サラサラとした無臭の汗へと変化していきます。

特に肥満の状態では、少しの運動だけでも効果が出やすい傾向にあります。

以下の記事で実践方法についてまとめています。

体臭と運動運動不足がもたらす強烈な体臭について!運動は始めるべき?

 

デオドラント剤でエチケット

体質改善や、食生活改善、運動などは、効果を実感するまでに若干時間がかかってしまいます。

気になるときに確実にニオイケアできる方法は、デオドラント剤を使用することです。

デオドラント剤は種類が多く、形状も様々ですが、殺菌効果の高いデオドラント剤は消臭効果が高いためおすすめです。

肥満によって分泌された多くの汗のニオイを抑えることができます。

また、制汗効果もあるデオドラント剤を選ぶことで、汗を止める効果があります。

気になったときに使用するだけですので、汗を多くかいたと感じた際に使うだけなので、1本持っているだけでも安心です。

デオドラント剤を決めるためのおすすめランキング5選

 

身体を清潔に保つ

肥満体質の人は、普通の人と比べて汗をかきやすいため、ニオイ対策には身体を清潔することが大切です。

主に以下のようなことをするだけでも、汗臭さをやわらげることができます。

  • すぐに汗をふく
  • 着替える
  • ワキ毛を処理する

こまめに汗を拭きとる、洋服をこまめに着替える、入浴時にしっかりと清潔にすることが大切です。

特にワキは、肥満体質の人は通気性も悪いため蒸されて、雑菌が繁殖しやすい場所です。

また、ワキ毛の処理も定期的に行うことで汗臭さを少しでも軽減させることにつながります。