汗かきの原因を正しく理解するための5つの原因

汗かきの原因

汗かきの原因

汗の量は個人差によって大きく異なります。

同じ環境でも、たくさん汗をかく方もあれば、ほとんど汗をかいていない方もいます。

汗かきの場合、多くの汗をかくことになりますが、その原因はいくつか存在します。

人間は人によって量は異なりますが、生活する上で汗をかくことは必要不可欠です。

しかし、人よりも大量に汗をかく汗かきの原因は様々なことが影響しています。

一般的に汗かきの定義はありませんが、明らかに汗をよくかく方は、原因を知り、対策をすることで症状が変わってきます。

また、汗をかきやすい脇だけでなく、手のひら、顔、足の裏など局部的に一度に大量の汗をかくことも、汗かきの一種です。

ここでは、汗かきの症状や原因について紹介したいと思います。

 

遺伝

遺伝

汗をかく汗腺はエクリン腺とアポクリン腺の2種類あり、これらの汗腺の働きによって、汗をかきます。

この中でもアポクリン腺は、ニオイのある汗をかきますが、脇やデリケートゾーンなどの一部にしかありません。

しかし、アポクリン腺の数は遺伝や体質によって異なり、個人差が大きくあります。

そのため、遺伝によって汗腺の数が多くなり、汗をかきやすくなります。

この場合、体質を改善することは難しいため、制汗剤などを使用して、しっかりと汗のニオイを予防することが大切です。

汗を止めるためのおすすめデオドラント剤まとめ汗を止めるためのおすすめデオドラント剤まとめ

 

肥満

肥満

肥満体質の人は体脂肪量が増加してしまうため、細身の人と比べて体内の熱の放出がしにくくなります。

体温が上がりやすく下がりにくくなります。

うまく体温調整をするために、汗を多くかいて、熱を体の外へと放出するように働きます。

見た目は太っていない方でも、内臓脂肪が多い場合も同じ理由で多く汗をかきます。

肥満は、自然と汗かき体質へと導いてしまいます。

脂肪を減らすか、汗の対策をしっかりとする必要があります。

 

運動不足

運動不足

運動不足の場合も、汗をかく機能があまり働いていないため、汗腺機能が衰えている状態になります。

少し動いただけでは汗をかかなくなり、脇や顔、頭、手のひらなど一部分でしか汗をかかなくなってしまします。

全体的な汗の量はあまり変わらないのですが、局部的に集中して汗をかくことが多くなってしまいます。

また、体内に溜まったミネラルなどの老廃物が排出されない状況になります。

久しぶりに汗をかいた際に、汗に多くの老廃物が含まれるようになるため、ニオイのきつい汗をかくようになります。

 

食生活の乱れ

偏った食生活

食生活の乱れは、汗かきの原因というよりは、ニオイのある汗に大きな関係性があります。

汗の悪臭原因は、主に脂質やたんぱく質が関係していて、バランスの良い食事を食べる必要があります。

また、ニオイを抑える栄養素を意識することで、大きな改善が期待できます。

汗のニオイで悩む方は、特に生活習慣を見直すのも、改善策の1つです。

体臭に関係する食べものは?体臭に関係する食べものは?体臭の原因となる食材と体臭を抑える食材

 

多汗症

多汗症

汗が異常に多くかくという場合には、多汗症である可能性があります。

多汗症による症状は、急に汗かきになることが多いです。

気温の高低や運動をするしないにかかわらず大量の汗をかいたりします。

また、手のひら、頭、顔などの特定の部分で、たくさん発汗する「局所多汗症」という症状もあります。

この局所多汗症は、生まれつきの体質が原因の場合が多くあります。

その他、汗をかきやすいワキも1日にかく汗は通常スプーン1杯程度といわれているため、それを優に超える場合は多汗症の可能性があります。

原因は、交感神経が必要以上に活発に働いてしまうことです。

身体状態や季節、運動量に関係なく、交感神経が敏感に反応が強くなってしまうためです。