汗かき体質を改善する4つの対策方法!あなたに適した方法を見つけよう

汗かきの対策方法

汗かきの対策方法

汗かきには、さまざまな原因があります。

ただし、かいた汗をそのまま放っておくと汗のツンとしたニオイが発生します。

特に汗かきの場合、ドバッと一気に汗が出る傾向があるため、事前の対策や素早い対策が必要になります。

汗かきに悩む方におすすめの対策方法のメリットとデメリットを紹介します。

汗かきの原因について知りたい方は、以下にまとめています。

汗かきの原因汗かきの原因を正しく理解するための5つの原因

 

デオドラント剤を使う

汗対策のデオドラント剤

メリット

  • 汗をかく量を抑えられる
  • 種類が豊富
  • 即効性がある

 

汗をかく量を抑えられる

ニオイの原因は、汗自体ではなく汗に付着する雑菌が原因になっています。

汗は身体中にある汗腺から発生するので、制汗効果のあるデオドラント剤を使用することで、汗を抑えることができます。

汗かきの体質であったり、部分的な汗が気になる方に効果的です。

デオドラント剤の中でもウォータープルーフタイプのものは、汗をかいても落ちにくく効果を発揮してくれるため、おすすめです。

 

種類が豊富

制汗効果のあるデオドラント剤は、さまざまな種類があります。

スプレータイプやクリーム、スティック、ロールオンなどがあります。

それぞれに特徴がありますが、汗をかいても落ちにくく、効果を発揮しやすいクリームタイプがおすすめです。

また、店頭でも販売されていて、直接手にとって選ぶことも可能です。

 

即効性がある

デオドラント剤は、汗が気になったときに使うことで効果を発揮するものがほとんどです。

汗のニオイをケアすることができ、使用した後から、しっかりと汗を抑える効果を持っています。

この効果を実現している理由としては、デオドラント剤は高い殺菌効果を持つことができるためです。

殺菌効果によって、繁殖した汗のニオイ菌を徹底的に除去する働きがあります。

 

デメリット

  • 費用がかかる
  • 香りに失敗する場合がある

 

費用がかかる

デオドラント剤は、消耗品ですので、使い続けるにはある程度の費用がかかります。

商品によって、価格に開きがあります。

効果があまり高くないデオドラント剤も、実際に存在しますので、慎重に選定することをおすすめします。

 

香りがついているものも

多くのデオドラント剤は無臭タイプであり、ニオイが全くと言っていいほどしません。

制汗効果だけでなく、汗のニオイケアもしっかりと行ってくれます。

ただし、無香料のデオドラント剤でもニオイのあるものも存在します。

薬品のようなニオイがあるため、好みが分かれやすい部分です。

 

汗ふきシートで拭く

汗対策である汗ふきシートを使う

 

メリット

  • 拭いた部分がすっきり爽快感がある
  • 清潔にケアできる

 

拭いた部分がすっきり爽快感がある

汗ふきシートは、爽快感のあるものがほとんどです。

汗をかくと肌がベタつきますが、ベタつきがなくすことができさっぱりと使用することができます。

特に男性には人気のあるケア方法です。

 

清潔にケアできる

汗拭きシートは、使い捨てであるため、清潔な状態を保つことができます。

汗だけではなく、肌に付着している汚れなども落とせるのもメリットとしてあげることができます。

また、こまめに汗を拭くことで、衣類に汗が付着を抑えることができます。

服で見える汗染みも予防に繋がります。

 

デメリット

  • 日焼け止めや化粧が落ちる
  • 拭けない部分もある
  • 香りで周りに気付かれやすい
  • 肌が荒れやすい

 

日焼け止めや化粧が落ちる

汗拭きシートで拭き取ることによって、肌につけていた日焼け止めや化粧が落ちるデメリットがあります。

女性の場合は、化粧が落ちてしまうため、顔には使えないことになります。

また、男性の場合でも、日焼け止めをつけていた場合には、汗を拭き取る際に一緒に落ちてしまいます。

汗や水に強いウォータープルーフの日焼け止めの場合でも、直接拭き取るため、簡単に落ちてしまう傾向があります。

汗ふきシートを使用した後は、意識的に日焼け止めを塗り直すなど、再度セットアップする必要があります。

 

拭けない部分もある

汗をかきやすい部分でも、ワキや首などの手の届きやすい部分は簡単に拭き取ることができます。

ただし、背中や足などを拭く場合には少し手間がかかり、丁寧に拭き取ることができません。

特に背中の場合は、手の届かない部分もあるため、うまく使用することができません。

 

香りで周りに気付かれやすい

汗ふきシートは香り付きのものが多くあります。

最近では、無香料のものも多くありますが、無香料でも実際にはニオイが付いているという汗ふきシートも多くあります。

そのため、実際に使用してみたけど、思っていた香りと違っていて使わなくなったというケースはよくあることです。

周りにも香りで気づかれやすく、部屋の中で使用するとその香りが残ってしまう場合があります。

 

肌が荒れやすい

汗拭きシートは、メンソールなどの爽快感のある成分が含まれている場合があります。

また、安価なものが多く、アルコールなどの刺激成分が含まれているものもあります。

そのため、使用した部分の肌が荒れてしまう可能性があります。

特に顔に使用したいという方は、注意するようにしましょう。

 

着替える

汗対策として着替える

 

メリット

  • 費用がかからない
  • 服についた汗のニオイがなくなる

 

費用がかからない

着替えることによる汗のケアは、もちろん費用がかかることはありません。

着替えるスペースは必要となりますが、費用がかかることはないため、とてもお手軽です。

 

服についた汗のニオイがなくなる

一度、汗で湿ってしまった服は、乾くまでに時間がかかります。

また、服から汗のニオイが発生しやすいものです。

着替えるだけで、服についた汗臭をケアすることができます。

 

デメリット

  • 荷物がかさばりやすい
  • 汗のニオイが残る

 

荷物がかさばりやすい

着替えを持ち歩く場合に荷物になりやすいことが挙げられます。

持ち歩く際には、極力かさばらないように配慮する必要があります。

 

汗のニオイが残る

体に付着してしまっている汗のニオイが取れないというデメリットがあります。

服についていた汗によるニオイは取り除くことができますが、ニオイをすべてケアすることができません。

肌に残っているニオイは、デオドラント剤や汗ふきシートなどで汗のニオイケアが必要になります。

 

サプリメントを飲む

汗対策できる消臭サプリ

 

メリット

  • 汗かき体質を改善できる
  • 手軽に続けられる
  • 他の体臭もケアする効果がある

 

汗かき体質を改善できる

体の内側から汗ニオイを抑えるためにサプリメントを飲む方法が効果的です。

汗かきの体質を、体の内側から改善できるため、そもそもの汗かきの悩みを解消する効果があります。

体の内側からの原因が理由のニオイ対策として、サプリメントを飲むことがニオイを抑えるのに効果的です。

信頼性や人気のあるサプリメントを使用することをおすすめします。

 

手軽に続けられる

サプリメントは、毎日飲むだけなので気軽に続けることができます。

いつも決まったタイミングで飲むようにするとより続きやすくなります。

 

他の体臭もケアする効果がある

サプリメントを飲み続けることで、ワキガや加齢臭などのニオイケアを持っているサプリメントが多くあります。

もちろんサプリメントによって、効果が変わってくるものですので、自分に適したサプリメントを使用すると良いでしょう。

体の内側からニオイを総合的にケアすることができます。

 

デメリット

  • 即効性がない
  • 費用がかさみやすい

 

即効性がない

サプリメントは、あくまでも汗かきの体質を改善する効果を持っています。

そのため、汗が気になった時にサプリメントを使用しても、もちろん効果を発揮することができません。

サプリメントは、体の内側からケアするため、1か月~3か月ほどは期間が必要になってきます。

 

費用がかさみやすい

サプリメントによって価格に開きがありますが、毎日飲むものですので費用がかさむ傾向にあります。

また、使用期間が短すぎると効果が出る前に終わってしまいます。

ある程度継続した方が、効果的であることからも、費用がかさみやすくなります。