ワキガって移るもの?遺伝するもの?

ワキガは移るの?遺伝するの?

ニオイで悩んでいる方に多いのがワキガ。

ワキガは移るものなのでしょうか?

また、遺伝するものなのか、まとめてご紹介します。

 

ワキガはって移るもの?

ワキガが人に移るのか?

ワキガの人に服を借りたり、わきがの人と一緒に生活していると、ワキガが移ってしまうのではないかと感じてしまうかもしれません。

結論から言うと、ワキガは移りません。

ワキガは、汗腺であるアポクリン腺から分泌された汗に、菌がついてしまうことによって引き起こされるものです。

ワキガの人の多くは、アポクリン腺の数が他の人より多いという特徴があります。

参考 なぜ体臭が匂う?2つの汗腺の特徴と役割について

ワキガは病気などではなく、体質なのです。

そのため、ワキガでない人がワキガの人に服を借りたり、触れたりしても自身の体内にあるアポクリン腺が増えることはありません。

そのため、ワキガが移るということもないことがわかります。

 

ニオイは移る?

ワキガの人が着用していた服を借りると、その服にワキガのニオイ染みついてしまっているので、自分にも一時的にニオイがついてしまいます。

もちろん、そのあとに入浴したり、シャワーを浴びたりすればワキガのニオイは消えるはずです。

ワキガの臭いは服に残りやすい性質があるため、ニオイのついていない服と一緒にしないということが重要です。

加えて、ワキガのニオイは、長時間放置してしまうとニオイがどんどん取れなくなってしまいますので、早めに洗濯する必要があります。

特ににおいが発生しやすいのは、ポリエステルなどの化学繊維素材の服です。

化学繊維の服は吸水性や通気性が、天然素材の服と比べてよくないため、繊維にニオイが残りがちです。

さらに寒くなってくると重ね着をするので、細菌が増えやすくニオイが強くなってしまうので要注意です。

どうしてもワキガのニオイが洗濯で落ちない場合は、ぬるま湯に重曹を溶かし、ニオイのついた服を漬け置きしてから洗うとニオイの解消が期待できます。

参考 ワキガの臭いを気にしなくて済む服選びの3つのポイント

 

ワキガは遺伝する?

ワキガはどれくらいの割合で遺伝する?

ワキガは風邪やウイルスのように移ることはありませんが、遺伝はします。

現在の研究では、両親が二人ともワキガである場合、その子供は約8割でワキガになってしまうと言われています。

両親のうち片方だけがワキガの場合は約5割で遺伝するようです。

遺伝でワキガになった人は、アポクリン腺の数や量が人より多く、活動も活発です。

アポクリン腺から汗が出る環境になることが多いタイプの人が、ワキガと言えるかもしれません。

ワキガは、統計的に遺伝の確立高いことが分かっていますが、100パーセントの確立で遺伝するという訳ではありません。

では、赤ちゃんが誕生してどのくらいすれば、遺伝しているかどうかわかるのでしょうか?

人間の耳の中にもアポクリン腺は存在します。

ワキガの人の多くは耳垢が湿っぽいタイプです。

水あめのようなとろりとした耳垢の場合、遺伝している可能性が高いと言えます。

しかし、赤ちゃんの場合、大人に比べて体内の水分が多いため、正確に判断することができません。

ワキガかどうか判断することができるのは、小学校の中学年くらいから、中学生になる頃です。

これくらいの年頃になった頃から、アポクリン腺が活発に動き始めるため、ワキガ特有のニオイを識別しやすくもなってきます。

ワキガが遺伝してしまったら、医療機関で治療することもできます。

しかも、治療は医療費三割負担でできるので、気軽に通院してみるといいでしょう。