なぜ体臭が匂う?2つの汗腺の特徴と役割について

体臭と2つの汗腺であるエクリン腺とアポクリン腺の関係性

人間が汗を流すために体に備えられている器官である汗腺は2種類ありますが、その働きや汗の成分はそれぞれ異なります。

2種類の汗腺の役割と特徴についてご紹介します。

 

エクリン腺について

エクリン腺の特徴と体臭の関係

 

エクリン腺とは?

エクリン腺とは、汗腺のひとつで、人間の皮膚ほとんど全体に分布しており、その数は多く、日本人では200万〜500万個と言われています。

自分の体を見渡してみても、そんなにも多数存在するのかと疑問になりますが、それもそのはずで、大きさは小さく、肉眼で確認することはできません。

エクリン腺から発汗することで、人は体温調整を行ない、日々健康に過ごすことができているのです。

 

エクリン腺とニオイの関係

エクリン腺から出る汗はさらっとしたものが多く、無色透明です。

人間は毎日約1リットル、暑い時期やスポーツをする人は約3リットルもの汗を体温調節のために放出していますが、汗をかいた時点ではあまりニオイを感じることはありません。

それは、大量の汗がエクリン腺から出ており、その成分の99%以上が水分という、限りなく水に近い液体であるからなのです。

また、汗は雑菌が繁殖した時に発生しますが、エクリン腺からの汗はさらさらとしていて乾きやすく、成分も酸性で雑菌の増殖を抑えられるため、ニオイに繋がりにくい汗と言えます。

参考 汗かきの人は要注意!エクリン腺の働きによる発汗の3種類

 

アポクリン腺

アポクリン腺の特徴と体臭

 

アポクリン腺とは?

もう一方の汗腺であるアポクリン腺は、外陰部、肛門など一部にのみ存在する汗腺で、特にわきの下に多く分布しています。

皮膚にあるエクリン腺とは違い毛穴に開口し、その大きさはエクリン腺よりも大きく、最大でイクラの粒ほどになると言われています。

アポクリン腺の数は女性に比べ、男性がより多い傾向にあるのが特徴です。

また、大きさも年齢により変わり、思春期に入ると最も大きくなり、老年を迎えると小さくなっていきます。

 

アポクリン腺とニオイの関係

アポクリン腺から出る汗は粘り気があり、色も黄みがかった乳白色です。

洋服や肌着のワキなどが洗濯しているのに黄ばんでしまうことがありますが、これはアポクリン腺からの汗が原因です。

緊張したりストレスを感じたりすると放出されやすく、最初はほとんどニオイがありません。

しかし、アポクリン腺から出る汗の成分はエクリン腺のものとは異なり、たんぱく質、脂質などが入った栄養豊富なものです。

そのため、雑菌が繁殖しやすく、放っておくといわゆるワキガ臭と言われる不快なニオイが発生してしまいます。

そもそもアポクリン腺は思春期頃に大きくなるのは、体温の調整を目的とするエクリン腺とは違い、フェロモンを出して人を惹きつける役割があるためです。

時間が経つと、不快な体臭と変化してしまうため、注意すべき汗腺なのです。