ニオイやすい方は要注意!頭皮と体と便と尿のニオイから危険な病気がわかる?

頭皮と体と便と尿のニオイから危険な病気がわかる?

ニオイは様々な部位で発生していて、様々なニオイの種類があります。

人それぞれ異なりますが、そのニオイが発生していることには原因があります。

逆に言えば、ニオイを特定することで、体の内側で起きている病気などの危険なサインを知ることができるのです。

 

各部位のニオイと病気の関係性

 

頭皮の臭い

頭皮の臭いは、汗・皮脂の溜まった毛穴汚れや、常在菌の繁殖以外に体調の変化によっても発生します。

主な原因として、過労やストレスからくるものと言われますが、その際の腸内環境の悪化で体内に悪玉菌が増えます。

これが悪臭物質の素であり、汗や皮脂に混ざって体外に排出される事で、嫌な臭いを発生させてしまうのです。

また、自分で気づける程、頭皮から強い脂臭がした時は「脂漏性湿疹」という頭皮の病気の可能性が考えられます。

頭皮の皮脂を餌に繁殖する真菌というカビの一種が、皮脂の脂肪酸を酸化させ、強い臭いを発生させます。

さらに、頭皮のかゆみや炎症を引き起こし、フケが止まらなくなる病気ですので、気になる場合には診断してもらうことをおすすめします。

 

体の臭い

日本では、明治時代まで病気を体臭で判断する嗅診が多かったと言われています。

その理由として、人は病気にかかると、健康時と比べて体内物質に何らかの変化をもたらします。

そして物質にはそれぞれに特有のニオイがあり、血流にのって全身に運ばれ、汗腺や息からそのニオイが発生するためです。

体臭と言っても様々なニオイがありますが、そのニオイによって症状が分かれています。

 アンモニア臭

腎臓機能の低下や冷えによる血行不良などにより、汗にアンモニア臭が混ざります。

 便臭

便秘によって腸内のガスが胃・食道・気道へと逆流してしまう為、また便の臭い物質が血流に乗って全身を巡る為、発生します。

 酸っぱい・卵の腐った臭い

胃酸過多や胃の働きの低下により発生することがあります。

 ネズミや排水溝のような臭い

肝機能障害により発生することがあります。

 焦げくさい臭い

小腸が弱っているサインで、ビールや煙草と言った、苦み成分の強い嗜好品を摂りすぎることでも発生します。心筋梗塞や狭心症に繋がる恐れもあります。

 魚の腐敗臭

珍しい症状ですがトリメチルアミン尿症という、代謝異常からくる病気の可能性があります。

 その他の腐敗臭

蓄膿症や歯周病により臭うことがあります。

 

便の臭い

人間が排出する便もまた、健康状態を知ることのできる大切な情報源です。

腸内に善玉菌の多い健康的な便は、漬物のような酸っぱいニオイを発します。

逆に便が腐敗したような強い悪臭を放っている場合、以下のような物質が、体内で作られていると考えられます。

  • 動物性たんぱく質や脂肪の摂りすぎなどによる悪玉菌
  • 下痢、腸炎の元となる細菌
  • 毒素生成菌

腐敗しているような悪臭を放っていないかが、見極める大きなポイントとなります。

 

尿の臭い

尿がにおう仕組みは、尿の成分である尿素が、皮膚や空気中に存在する細菌に触れることで分解され、アンモニア臭を発生させるからです。

コーヒーやニンニクなどの臭いの強い食品の摂取後や、サプリメントを服用するとそれらの臭いも合わせて発生するという特別な場合もあります。

ただし、基本的な仕組みは、そのような流れでアンモニア臭が発生していて、それ以外の臭いには以下のような病気の可能性があります。

  • 甘酸っぱい臭い : 糖尿病、ケトアシドーシツ
  • 甘い臭い : メープルシロップ尿症
  • カビのような臭い : フェルニケトン尿症
  • アンモニア臭が強い : 膀胱炎や尿道炎

ケトアシドーシツは、ケトン体という脂肪酸が増えることで血液の酸化を引き起こす病気、またメープルシロップ尿症やフェニルケトン尿症は、代謝異常からくる難病指定の病気です。