雨で濡れた服のにおいはどんなもの?自然乾燥と乾燥機はどちらが良い?

雨で濡れた服について

雨で濡れただけの服は臭いやすいのでしょうか?

自然乾燥させた場合と乾燥機にかけた場合に分けて紹介していきます。

 

雨で濡れた服はにおう?

自然乾燥させた場合

雨で濡れた服を自然乾燥させた時のにおい

雨の日など濡れた衣服を、大多数の人はそのまま部屋に干すなどして乾燥させるかと思いますが、乾かせた後しまうときなど妙ににおうことはありませんか。

このにおいの原因は、雨に含まれる汚染された成分によるものです。

そもそも雨は、空気中の水分は蒸発して水蒸気となり、空に昇り、上空の冷たい空気により冷やされて水や氷の粒となります。

それが集まって雲を形成し、それが重くなり過ぎると地上に雨として降り注ぎます。

そのため、雨には大気のホコリやチリを含んでいます。

時期によっては花粉や黄砂といった有害物質も含まれています。

見た目は水と同じように見えますが、成分を分析するとかなり汚れた水分であるのです。

そんな汚れた雨により濡れた衣服には当然汚れが付着し、また湿気も相当なものになります。

それに加え、着用した衣類は汗や皮脂などを吸着している場合がほとんどですので、雑菌にとっては格好の住処となってしまいます。

雨の日の自然乾燥には特に時間がかかりますので、雑菌が大量に繁殖してしまい、衣服が自然乾燥したあともいやなにおいが漂ってしまうのです。

そのためできることならば、雨で濡れた服を自然乾燥させるのは避けるようにしましょう。

 

乾燥機にかけた場合

雨で濡れた服を乾燥機にかけた際のにおい

濡れた衣服を乾燥機にかける場合は、衣類表示をよく確認する必要があります。

しかし、乾燥機は一気に高温で衣類を乾かしますので、短時間で乾燥できます。

また、生乾き臭の原因であるモラクセラ菌は熱に弱いため、高温となる乾燥機では死滅しやすくなります。

そのため、自然乾燥に比べて雑菌の繁殖しにくい環境となり、嫌なにおいは発生しにくくなります。

洗濯機や浴室に乾燥機がついていない場合や乾燥機に入れられない場合は、エアコンや扇風機の風を当てたり、アイロンをかけたりすると良いでしょう。

これだけでも、自然乾燥に比べて乾燥時間の短縮が見込まれ、雑菌の繁殖を抑えることができます。

また、現在は小型の衣類乾燥機も安価で販売しているため、梅雨時期など頻繁に使用するなら場合には乾燥機を持っているととても便利です。

いずれにせよできるだけ早急に濡れた衣類を乾かし、においが発生しないように心がけたいものです。

その汚れが次回着用時に雑菌の餌となりやすいため、雨で濡れた際には洗濯も行なうことが望ましいでしょう。

もちろん洗濯をした際には、素早くしっかりと乾燥させることも忘れないようにしましょう。