1日お風呂に入らないと本気で嫌がられる3つの症状

お風呂に入らないことによる嫌な症状

1日お風呂に入らないだけで、体は不潔な状態になり体臭がきつくなります。

特に注意すべき3つの症状について、ご紹介します。

 

お風呂に入らないと表れる不潔な症状

どんな症状が出てくる?

 

体臭

体臭の中でも足や脇の臭いは、汗そのものの臭いではありません。

お風呂に入らず汗や皮脂、皮膚の垢が溜まると、それらを餌にする雑菌が繁殖することが原因で臭いが発生します。

そして人は、1日の活動を通して疲労が蓄積されると、汗の中や体内の乳酸が増加します。

この乳酸を分解しようと働く皮膚の常在菌が、代謝分解を行うと「ジアセチル」という物質を発生させます。

このジアセチルは首の後ろや頭皮から脂っぽい臭いを発生させ、その強い臭いは加齢臭以上とも言われているのです。

乳酸は、疲れをとってリラックスすることと、血流を良くすることで体内から抜けていく為、夜の入浴時にはシャワーで汗や汚れを流すだけでなく、ゆっくりと湯船に浸かることが大切です。

参考 加齢臭の大きな原因となる4つの生活習慣について  

フケが出る

髪は、人からの見た目の印象に影響を与える、大切な部分です。

通常、頭皮の垢はシャンプーをすることで綺麗に洗い流れますが、お風呂に入らないと頭皮の垢が剥離し、フケとなって目に見えて表れてしまい、人に不潔な印象を与えかねません。

フケには乾性と脂性の2種類存在します。

  • 乾性フケ
  • 脂性フケ

乾性フケの場合、頭皮が乾燥している場合に、頭を掻くとパラパラと雪のように降ってくる、かさついたフケです。

放っておくと抜け毛やかゆみなどの頭皮トラブルの原因となります。

また、脂性フケは、頭を掻いたときの爪の中や、髪をとかした時のくしに付着するような、湿ってべたついたフケです。

脂性フケは「マセラチア菌」というカビの一種が原因であることが分かっています。

このマセラチア菌は頭皮の脂分を餌に、酵素リバーゼという頭皮の臭いの原因である脂肪酸に分解する物質を分泌してしまいます。

乾性フケ、脂性フケの発生を防ぐ為にも、頭皮の清潔は保つよう心がけましょう。

 

髪がべたつく

髪のべたつきの原因は頭皮の皮脂が原因です。

溜まった皮脂を洗い落とさずに長時間放置していると、皮脂の分泌が過剰になり、特に短髪の方は髪全体が脂でテカって濡れたように見えてしまいます。

また皮脂が頭皮の毛穴を詰まらせ、代謝や血行を悪化させる為、先述した脂性フケや脂漏性脱毛症などの症状が表れてしまうこともあるのです。

髪がべたつくからと言って、髪の毛だけを洗っていても症状は改善されません。

1日1回、まずはお湯だけで頭皮を優しく揉み洗い、頭皮の脂を浮かせ、血行を促進させます。

その後でシャンプーを使用し、髪の毛と頭皮をマッサージするように優しくしっかりと洗いましょう。

 

デオドラント剤でニオイケアしよう!

1位

薬用ネオテクト

ネオテクトの外観

男性にも女性にも人気のあるデオドラント剤です。

ニオイの根本原因ある菌を99.999%除去する試験データがあるほど、徹底的にニオイをケアすることができます。

全身どこにでも使えるため、ニオイの気になるところにピンポイントで使用することができます。

ウォータープルーフタイプであるので、汗をかいても効果が持続するという安心感も特徴の一つです。

 

2位

GALLEIDOデオドラントクリーム

GALLEIDOの外観

男性のために作られたデオドラントクリームです。

ニオイケアする殺菌効果だけでなく、汗を抑える制汗効果もあるため、必要以上な汗を防ぐことができます。

GALLEIDOデオドラントクリームは、厚生労働省が認可した医薬部外品であるため、一定の信頼性が担保されています。

無香料・無着色であるため、好き嫌いが分かれづらく使いやすいデオドラントクリームです。

 

3位

ハイネス

デオドラントクリームハイネス

ハイネスは、女性の体臭美容のプロが認定しているデオドラント剤です。

殺菌成分によって消臭することができますが、2種類のうるおい成分も配合されています。

肌に低刺激な使用感を実現し、敏感肌の方でも使いやすいデオドラントクリームです。

また、初回購入時には、全部使っても適用できる100日間返金保証がついているため、万が一合わない場合でも安心です。