体臭は腸内環境から?関係性と適切な対策方法について

腸内と体臭の匂い

腸内環境が悪いと体臭に影響を及ぼすことはご存じですか?

これらの関係と対策方法について、ご紹介していきます。

 

腸内環境と体臭の関係

腸内環境を整えて体臭予防

腸内環境が乱れるとひどい口臭がしたり、臭い汗をかいたり、加齢臭の原因にもなると言われています。

腸内環境が悪いと、主に以下のような症状で、体臭へとつながります。

  • 汗の量が増える
  • 汗で下着に雑菌が繁殖する
  • 悪臭物質の対処ができなくなる
  • 悪玉菌により臭いの原因となる物質が増える

腸の動きが悪いと、栄養を吸収する力が衰えて、それが体臭の原因につながっていきます。

体の中の深部温度が上昇するため、汗をかく量が増えます。

この時にかく汗は、ベタベタとしていて臭いがきついものが多いです。

参考 なぜ体臭が匂う?2つの汗腺の特徴と役割について

さらに汗を多くかいてしまうことで、下着や服が湿ってしまうため、雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

また、腸の中が汚れた状態が続くと低質な血液が作られてしまい、血管が老化してしまったり、腸の機能が低下してしまったりします。

腸の機能が低下することにより、悪臭物質が増え、肝臓で解毒しきれなくなってしまいます。

解毒が間に合わなかった悪臭物質は、血液に混ざって全身を巡り、臭い汗として体外に放出されてしまうのです。

体内の雑菌を押さえる働きをする常在菌も、内臓の機能が低下すると弱体化してしまいます。

そのため、雑菌の繁殖が活発になり臭い体臭が発生しやすくなります。

便秘も腸内を汚す原因の一つです。

便秘が長引くと腐敗や発酵が進み、ニオイ物質であるアンモニアなどを増加させてしまいます。

アンモニアやインドールなどの便のニオイ成分は、腸内の悪玉菌「ウエルシュ菌」や「大腸菌」によって、食べ物が分解される際に作られる悪臭物質です。

ウエルシュ菌や大腸菌によって作り出された悪臭物質は、正常な状態では便として体外に運び出されます。

しかし、便通が滞ったりして腸内の状態が悪化すると、悪玉菌が善玉菌に勝ってしまいます。

悪玉菌優位の環境により、臭いの原因となる物質が増えてしまうのです。

 

腸内環境を整えるには?

体臭と腸内環境の関係性

食物繊維を多く摂る

便秘解消に効果が期待できるのは、なんといっても食物繊維です。

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類あるのをご存知ですか?

不溶性食物繊維は、便が腸内の水分を取り入れて膨張するときに、蠕動運動(ぜんどううんどう)が活性化します。

蠕動運動によってお通じがよくなるというメリットがあります。

不溶性食物繊維を含む食品は豆類、野菜(ブロッコリーなど)、イモ類です。

また、水溶性食物繊維は、糖質の吸収を緩める作用があり、血糖値の上昇を抑えます。

また、粘り気があり胃や腸をゆっくり移動するため、腹もちがよくなる働きがあります。

水溶性食物繊維を含む食品は、果物や海藻類、キノコ類が代表的です。

不溶性、水溶性ともにバランスよく食事に取り入れることで、便秘の解消につながります。

 

植物性乳酸菌で善玉菌を増やす

乳酸菌は善玉菌を増やす働きをします。

一般的に知られる乳酸菌と言えば、ヨーグルトなどの動物性の乳酸菌ですが、動物性乳酸菌は腸に届きにくい性質を持っています。

ただし、腸内の老廃物を吸着して排出する役割を担っているので、食物繊維と同様の働きをするといえるでしょう。

善玉菌を増やす性質があるのは植物性の乳酸菌です。

こちらは生きたまま腸に届くため、善玉菌の餌となったり、悪玉菌と戦ったりすることができます。

植物性の乳酸菌はいわゆる発酵食品です。

キムチや味噌、糠漬けやしば漬けなどが代表的です。

 

オリゴ糖で善玉菌をサポートする

オリゴ糖は体内に吸収されにくいため、大腸に届きやすい栄養素です。

胃では約1.5%、小腸では約5%ほどしか分解されません。

オリゴ糖は大腸内で悪玉菌のエサになることはなく、ビフィズス菌などの善玉菌のみのエサとなります。

さらに、オリゴ糖のカロリーは普通の砂糖の半分ほどで、血糖値を上げにくいため、ダイエット中の方や糖尿病の方にも最適です。

オリゴ糖は玉ねぎ、キャベツ、大豆などに含まれていますので、比較的食事に取り入れやすいでしょう。