制汗剤とデオドラント剤は別物!違いとメリットデメリットについて

制汗剤とデオドラント剤の違いは?

ニオイをケアするものとして、制汗剤とデオドラント剤の2つに分かれます。

これらのメリットデメリットの違いを知ることで、自身に適したニオイケアをすることができます。

 

制汗剤とは?

デオドラント剤と制汗剤のメリットデメリット

制汗剤はその名の通り、「汗を抑える薬」です。

制汗剤の成分は汗を吸収してくれる効果のある「吸収剤」と、汗を抑えてくれる効果のある「収斂剤(しゅうれんざい)」です。

収斂剤の成分によって汗を抑え、吸収剤の「酸化チタンパウダー」などの成分で汗のベタベタを軽減してくれます。

汗腺を閉じて毛細血管を収縮させる働きをするため、制汗剤を直接肌に塗ると、汗を抑えることができるのです。

平たく言えば、「毛穴を閉じることで汗が出ないようにする効果」があるということです。

 

制汗剤のメリットデメリット

制汗剤の特徴について、以下のことが挙げられます。

  • 汗を抑えることができる
  • 事前に汗のニオイを防止
  • 発生したニオイは抑えることができない
  • 刺激が強いものが存在する

制汗剤は、汗を吸収して抑える効果があるため、汗の嫌なニオイも軽減することが可能です。

ニオイの元となる雑菌は、温度が高くて湿気の多い環境を好みます。

雑菌の好きな環境下にある汗が、ニオイを発生させる原因となっています。

すなわち、汗をかくことを抑えられれば、雑菌が増えることを防ぐことが出来るので、同時に嫌なニオイの対策もできてしまいます。

また、制汗剤のデメリットとして、汗を抑える効果はありますが、ニオイを直接抑えることはできません。

また、汗を抑制する作用のある「塩化アルミニウム」を配合した制汗剤も多く出回っていますが、塩化アルミニウムは肌に刺激が強く、かぶれなどの炎症を起こしてしまう場合もあります。

 

デオドラント剤とは?

デオドラント剤は消臭剤、「臭いを消す(抑える)薬」です。

殺菌作用のある成分を使用しているので、嫌なニオイを元から消し去ることが期待されます。

殺菌作用のある成分とは、酸化亜鉛や銀イオン、緑茶エキスや柿渋などです。

これらの殺菌成分が、汗と雑菌が結びつくのを防いでくれるため、ニオイを減らすことができます。

他にも重層などの、消臭効果のある成分を使用した商品も発売されています。

殺菌効果と消臭効果両方で、ニオイを抑制するのがデオドラント剤です。

 

デオドラント剤のメリットデメリット

デオドラント剤の特徴は主に以下のような点が挙げられます。

  • 発生したニオイを抑える
  • ニオイの発生を防ぐことができる
  • 制汗剤に比べて価格が高い

デオドラント剤は、殺菌効果と消臭効果の相乗効果で、嫌なニオイを抑えることができます。

細菌が増殖するのを防ぐため、汗で衣類が汚れてしまったりするトラブルも減らすことが出来ます。

ニオイの元になる菌を殺菌するため、ニオイの根本から防ぐことができるのが、デオドラント剤の最大の特徴です。

デメリットとしては、価格が高くなってしまう傾向がある点です。