口臭をケアの歯磨き粉を選ぶにはたった2つのポイントを押さえるだけ

口臭対策の歯磨き粉

口臭予防のための歯磨き粉の選び方

歯磨き粉の選び方

口臭を予防するには、さまざまな方法がありますが、その中の一つとして、歯磨き粉選びが大切です。

歯磨き粉を選ぶポイントは2つあります。

  1. 歯磨き粉の種類
  2. 歯磨き粉の成分

 

歯磨き粉の種類

歯磨き粉の種類は口臭に大きな影響がある

歯磨き粉は、実はあまり知られていませんが、以下のような2種類に分かれています。

  • 医薬部外品
  • 化粧品

この種類によって、歯磨き粉の働きが大きく異なります。

歯磨き粉の裏面などに記載されている成分表などの詳細部分を確認すると、「医薬部外品」と「化粧品」のどちらかの記載があるはずです。

医薬部外品は、虫歯や歯周病を抑える殺菌剤やフッ素が含まれています。

現在流通している歯磨き粉の8割ほどは、この医薬部外品タイプであり、歯磨き粉の主流とも言える種類です。

化粧品タイプの歯磨き粉には医薬部外品のように薬用成分が含まれていません。

香りが強くつけていたり、多くの研磨剤を含んで歯を削って白く見せたりする効果のある歯磨き粉となります。

虫歯や歯周病に効果的な成分が含まれていないことから、口内環境を整える効果は医薬部外品に比べて弱い傾向にあります。

口臭予防をするためには、化粧品タイプの歯磨き粉ではなく、医薬部外品の歯磨き粉を使用することがポイントとなります。

 

避けるべき歯磨き粉の成分

歯磨き粉の避けるべき成分

口臭を予防するためには、歯磨き粉の成分はもちろん大切です。

これらの働きによって、長期的な口臭予防や徹底的な口臭ケア効果を実現することができます。

また、虫歯や歯槽膿漏などの口内環境の悪化も関係しています。

口内環境を整える歯磨き粉を使用することで、口臭予防のサポートをしてくれます。

 

スクラブ

スクラブは、歯の表面の汚れを落とすために含まれている成分です。

実際に汚れを取ることができますが、同時に歯の表面も削り落とす効果があります。

スクラブ入りの歯磨き粉を使い続けることで、徐々に歯の表面のエナメル質部分が削れらていきます。

通常、エナメル質で覆われている歯が、削り落とされて、歯の象牙質と呼ばれる部分がむき出しの状態になります。

そうすると、口臭が発生しやすくなるだけでなく、歯の健康も大きく損なわれてしまいます。

また、歯が弱るとそこに雑菌が増えてしまい、さらなる口臭の原因となります。

よく安い歯磨き粉には、スクラブが含まれている傾向がありますが、できる限り避けるようにすべきです。

 

合成界面活性剤

歯を磨いたときに泡立てる効果のある成分です。

合成界面活性剤は、泡立ちを良くする効果がある反面、口の中を乾燥させるデメリットがあります。

口が乾燥すると、唾液によって減っていた雑菌が口の中で繁殖し、口臭につながります。

歯磨きしてしばらく時間が経つと、口内の乾燥によって口臭がニオイ始める傾向があります。

できれば合成界面活性剤が含まれていない歯磨き粉を使用するようにしましょう。

 

口臭予防に効果的な成分

以下のような成分は、口臭を抑えるためには効果的な成分です。

本当に口臭に効果のある歯磨き粉か見分けたいときに、チェックしてみるとよいでしょう。

  • ラウロイルサルコシンナトリウム
  • 銅クロロフィリンナトリウム
  • ヒノキチオール
  • 塩化リゾチーム

口臭に効果的な歯磨き粉を選ぶことで、しっかりと口臭を予防する働きをしてくれます。