口臭をなくすなら舌苔を落とすべき!舌苔の3つの落とし方

口臭と舌苔

舌苔を落とすのはどれほど重要?

舌苔を落とす重要性

舌苔は、舌の上に白や黒、黄色などの苔がついているような薄い膜のことを指します。

鏡の前で、舌を出して観察していると確認することができ、誰でも舌苔が付いているものです。

口臭を予防するためには、舌苔を落とすことはとても重要であり、その関係性は密接にあります。

舌の表面は凹凸が激しくボコボコとしています。

その隙間に、細菌や汚れが溜まることで舌苔ができます。

舌苔が全くない場合は、栄養不足が原因で味覚障害を引き起こす可能性があり、ある程度の舌苔は誰にでも必要なのです。

舌苔が多すぎると、舌の上で大量の菌が繁殖している状態となり、舌苔からきついニオイが発生します。

吐息は、舌の上を必ず通りますので、舌苔から発生したニオイが、口臭になります。

舌苔を落とすことによる口臭への影響はとても大きく、常にきれいにしていることが重要となります。

 

舌苔の取り方は?

口臭を予防するためには、舌苔をきれいにすることが大きな改善につながります。

少し意識するだけでも落とすことができるので、まずはどの方法でも実践してみることをおすすめします。

 

舌の保湿ジェルを使用する

保湿ジェルを使用する

舌苔は、口内の乾燥によってたくさんできてしまうため、保湿することで、舌苔が作られる量を抑えることができます。

なるべく口臭を発生させないようにしたい際に効果的です。

また、保湿ジェルを使用すると、舌を湿らせて舌苔をふやかすことができます。

ふやかしておくことで、優しい力で簡単に舌苔を除去できるようにする効果もあります。

 

歯ブラシでやさしく磨く

歯磨き後に磨く

毎回歯ブラシが終わった最後に、舌の表面を磨いて舌苔を落とす方法です。

費用がかからず負担も少ないため、最も手軽にできる方法です。

ただし、磨く力が強かったり、ブラシが硬すぎると、舌を傷つける恐れがあります。

その場合、味蕾という味覚を感じる箇所を傷つけてしまい、味覚障害になる可能性があります。

また、味蕾は一度傷つくと再生できませんので、注意して磨く必要があります。

恐ろしいのは、本人が気がつかないうちに、味覚が弱っていきます。

舌を傷つけないように、なるべく優しくするように注意して行いましょう。

 

舌専用歯ブラシを使う

舌苔が、大きく口臭と関係していることから、舌専用歯ブラシが販売されています。

ドラッグストアなどに行くと、歯ブラシと同じように舌専用歯ブラシが並んでいるものです。

舌専用歯ブラシは、ブラッシングできる面積が大きく、舌の凹凸を優しくきれいに磨きやすいように作られています。

口臭がキツイと感じている方は、舌専用歯ブラシを使うのも一つの手段としておすすめです。

歯を磨くことと同じ要領で、毎日舌を磨いて舌苔を除去しましょう。

毎日行っている歯磨きのように舌磨きも習慣づけになると良いですね。

また、歯ブラシに比べて舌を傷つけにくいので安心して使用できます。