体臭とストレスの関係性と効率の良い対策方法について

体臭とストレスの関係性

ストレスと体臭は関係している?

ストレスを体臭の関係性

現代は、ストレス社会とも言われるほど、ストレスの多い時代になっています。

実は、ストレスと体臭は関係性があり、ストレス解消することで体臭を抑えられる効果があることがわかっています。

日々の生活の中でストレスを感じずに生活することはなかなか難しいことです。

ただ、過度なストレスが続くと、体臭を発しやすい体質へと徐々に変化していきます。

ストレスを感じた時に感じるニオイは「ストレス臭」や「疲労臭」と言われています。

特に、30代から40代以降の方が多い傾向があります。

体はストレスや疲れを感じるとアンモニアが発生します。

この発生したアンモニアは、通常は肝臓で分解されます。

疲れがたまっていたり、ストレスがかかると、肝臓の機能が低下していきます。

それによって、体内でアンモニアが分解しきれずに、余ったアンモニアが体外へ放出されます。

これによって、ストレス臭が発生することになります。

また、ストレスを強く感じると、ホルモンが影響して皮脂が増えます。

多く分泌した皮脂は、時間とともに酸化してニオイを発するようになります。

これらのストレス臭や疲労臭は、生活環境による原因によって、身体機能が低下して発生しているニオイです。

そのため、常に体臭を発している状態になるため、簡単には改善しづらいという特徴があります。

生活環境を見直すことで、徐々に体臭のしない体へと近づいていきます。

 

ストレスを発散しよう

ストレスのよる体臭には、ストレスを軽減させることが最も効果的です。

意識的にストレス発散をするように心がけるだけでも、大きく変わってくるものです。

ストレス発散方法は、個人差があるため、どれだけ自分に適したストレス発散方法を見つけることができるのかが大切です。

まだ自分に合ったストレス発散方法を見つけられていない方に向けて、簡単にできる方法を紹介します。

  • 軽い運動
  • 湯船につかる
  • しっかりと睡眠をとる

 

軽い運動

ストレスを軽減するための運動

運動をして代謝を上げることで、体内の身体機能が正常化をはかることができます。

運動不足な状態からいきなりハードな運動をするのは、継続しにくく怪我もおこりやすいです。

まずは、1日10分ほど時間を取って、ウォーキングなどを始めると良いでしょう。

簡単なストレッチを朝と晩に各1回ずつ行う「手足をぶらぶら」するストレッチがオススメです。

これらで、まずは運動することを習慣化していきましょう。

慣れてきたらやランニング、水泳などの有酸素運動をして、体の代謝を高めていくとよいでしょう。

代謝が高まると体の血行が良くなり、アンモニア臭を抑えてくれる効果があります。

また、有酸素運動で汗をかくことで、気になるストレス臭の改善につながります。

 

湯船につかる

ストレスや疲れには湯船に浸かるのが重要

仕事が忙しい時や、疲れて早く就寝したい時などはシャワーだけで済ませがちです。

しかし、シャワーだけでは体の血行が良くならず、体内のアンモニアを外に放出できません。

お風呂に入る時は湯船にゆっくりと浸かることで、疲れた体を温めることで心も体も癒すことができます。

また、湯船にゆっくりと浸かると汗腺が開くのでベタベタとした汗をかきづらくなります。

サラサラとしたニオイの少ない汗に変わるため、ストレス解消以外でも、体臭予防にアプローチしてくれます。

湯船につかるのは5分だけでも十分に効果を発揮してくれます。

ストレスや疲れに対して、様々な角度から癒す効果があるので、是非実践してみると良いでしょう。

 

しっかりと睡眠をとる

ストレス解消には適度な睡眠が効果的

ストレスを感じているとなかなか寝付けれなかったりしがちです。

睡眠をしっかりとることで、体のストレスを発散することができます。

ここで重要なのは、たくさんの時間寝るのが良いということでないのです。

寝すぎると、疲れを癒した体に負担がかかり、疲労感が蓄積されてしまいます。

そのため、自分に適した睡眠時間を知り、適度な睡眠をとることが大切です。

一般的に、1日の理想的な睡眠時間は8時間とされています。

また、就寝の約2時間前に入浴して、湯船にしっかりと浸かることで、深い睡眠につきやすいことがわかっています。

効率のよい睡眠によって、短時間でもよりよい効果を得ることができるため、ストレス解消につながります。

 

実践するには?

実際にこれらを実践するには、以下のように試してみるとよいでしょう。

  1. 就寝2時間半前 : 軽い運動を行う
  2. 就寝2時間前 : 入浴(湯船につかる)
  3. 8時間の睡眠を目安に就寝

また、初めから無理をしすぎると長続きせずに、途中でやめてしまう可能性があります。

まずは習慣をつけることを意識しながら始めてみてはいかがでしょうか?