運動不足がもたらす強烈な体臭について!運動は始めるべき?

体臭と運動

運動不足と体臭の関係性

なぜ運動不足で体臭が発生する?

体臭には様々な原因がありますが、生活習慣による影響が大きいものです。

普段の食生活やタバコの喫煙などが関係してきますが、運動不足も1つの原因になります。

そもそも体臭は、アポクリン腺という汗腺から分泌される汗に影響しています。

運動不足の場合、体内に蓄積された老廃物が十分に排出されずに体内に溜め込んでしまいます。

その影響で、汗をかく際に、脂質・アンモニア・タンパク質・鉄分・糖質などの老廃物が、汗とともにアポクリン腺から出てくることになります。

これらの成分が含まれていると、雑菌が好む環境を作ることになり、時間が経つとともに雑菌がどんどん繁殖します。

汗をかいた部分が雑菌だらけになり、強烈なニオイになります。

そのため、運動不足による体臭は、いつもお風呂に入り、清潔にしていても、汗をかくことで体臭を発することになります。

実際に人間は、普通に生活しているだけでも、1日500ml~1L程度の汗をかいています。

そのため、自分自身では汗をかいていないと思っていても、汗によって老廃物が放出されているため、体臭が発生してしまうのです。

 

どんなニオイを発しやすくなる?

運動不足で臭う体臭

運動不足から強くなる体臭には、以下のような2つの特徴があります。

  • 生乾き臭のようなツンとしたニオイ
  • 脂っぽい汗臭さ

まず鼻を刺すようなツンとしたニオイが代表的です。

雑菌が繁殖することによるニオイですので、洗濯物の生乾きのニオイと似ています。

また、運動不足による体臭が強い人は、脂臭がすることもあります。

体内からでる汗に、脂質が多く混じっているとこのようなニオイになります。

脂臭は、口臭や足のニオイよりも強くなりやすい、危険な体臭です。

汗の成分によるため、適度な運動はもちろんですが、食生活を見直すことで、効果が出やすい特徴があります。

体臭に関係する食べものは?体臭に関係する食べものは?体臭の原因となる食材と体臭を抑える食材

 

体臭ケアのために運動が重要である理由

運動が体臭ケアに重要な理由

逆にいうと、適度な運動を行うことで、体臭が発しにくい体質にすることができます。

汗をかきたくないという方には、制汗剤で汗を止め、体臭を抑えることが可能です。

汗を止めるためのおすすめデオドラント剤まとめ汗を止めるためのおすすめデオドラント剤まとめ

ただし、それは一時的なケアでしかありません。

毎日毎日ニオイケアしなければならず、体臭を根本的に抑えられることはありません。

そのため、少しずつ運動をすることで、体の内側からケアしていくと効果的です。

適度な運動をすることで、体内にたまった老廃物が放出することができます。

そうすると、普段汗をかいても、脂質やアンモニアなどが汗に含まれなくなり、菌が繁殖しにくくなります。

その結果、強烈な体臭を抑えることができるようになります。

 

体臭ケアするために運動を始めよう

最初にハードな運動をすると、途中で挫折してしまう可能性があります。

そのため、運動が習慣化できていない場合、簡単な体操から始めることをおすすめします。

決めた期間ごとに定期的に行うことです。

習慣化することで、自然に運動に取り掛かることができます。

そこから徐々に負荷をかけていくと、体にも無理なく効果的に続けることができます。

3ステップに分けて紹介していきます。

 

STEP1 室内でできるストレッチ

体操で体臭ケア

体操は、動き自体は少ないですが、ストレッチは簡単で毎日の生活に取り入れやすいものです。

普段運動をしていない人や運動が苦手な人でも続けることができます。

また、毎日続けることで、徐々に体をほぐすことができるので、しばらく運動していなかった方は安全に始めることができます。

筋肉を緩め、体の末端まで酸素を送る運動になりますので、簡単な運動から始めたい方にはおすすめです。

  • 横になったまま手足を空中に上げて5秒揺らす
  • 立ちあがって手足をプラプラ動かす
  • 上半身を左右往復ねじる
  • 肩や首を数回回す
  • 足首を左右3回ずつ回す
  • 横になったまま手足を空中に上げて5秒揺らす
  • 3セット繰り返す

これらを行うと、日中に使った筋肉を緩めながらリラックスし、疲れを落とすこともできます。

疲労と体臭にも関係性がありますが、ストレッチの効果で体臭を和らげる効果があります。

体臭とストレスの関係性体臭とストレスの関係性と効率の良い対策方法について

運動不足な場合、かく汗にはさまざまな成分が含まれていて、ニオイやすい状態です。

そのため、入浴前に行ってかいた汗はしっかりと洗い流しましょう。

コツとしては、一つ一つの動きを力を入れずにリラックスしながら、ゆっくりと行うことが大切です。

 

STEP2 ウォーキング・ランニング

ランニングで体臭ケア

普段の生活の中で、意識的に歩くことも立派な有酸素運動になります。

初心者でも気軽に取り入れることができます。

また、普段家に帰る道を遠回りして長く歩くなどすると、より継続しやすくなります。

運動効果を得るために重要なポイントは、速さではなく、体を動かしながらじっくりと歩くことです。

また、慣れてきたら徐々にランニングに移行すると、より汗をかくことができるため効果的です。

有酸素運動による効果が発揮できる時間は、約20分ですので、この時間を目安に行うようにしましょう。

持続的に行うことで、血流が促進され体内の老廃物が汗として排出されるので、体臭予防に効果的です。

 

STEP3 ヨガ

ヨガで体臭ケア

ヨガは、呼吸を意識して行う各部分を伸ばしながらポーズをキープするといった動きがメインとなります。

呼吸に意識を置き、全身に酸素を巡らせることで、筋肉の柔軟性を高めることができるものです。

定期的に続けることで代謝をアップさせる効果があり、体臭のための運動には最適です。

基礎代謝アップさせることができ、身体内部の筋肉が働くため、内側からしっかりと汗をかくことができるようになります。

じっくりと汗をかいて、体内にたまった老廃物を放出することで、体臭ケアすることにつながります。

 

STEP4 水泳

水泳で体臭ケア

水泳は、水の抵抗力がかかるためとても効率の良い運動です。

また、全身を使うため、さまざまな部分から汗をかくことができます。

水泳は怪我をしにくいため、ある程度の負荷をかけやすい特徴があります。

水中ウォーキングから、水中を泳ぐ運動まで幅広いですが、自分の体調に合わせて行うようにしましょう。

週2~3日行うのが理想的なのですが、なかなか時間がとれない方も多いかと思います。

その場合、最低でも1週間に1回を目安に行うだけでも大きな効果が期待できます。

  • 30分を目安に行う
  • 水中ウォーキングでも十分に効果が期待できる
  • 無理ない範囲で泳ぐ

始めは水中を歩くことからスタートしてみましょう。

これだけでも十分に体臭ケア効果が期待できます。

体がほぐれてきたら、ビート板を使ったばた足、クロール、平泳ぎなどで泳ぎ始めましょう。

水中での運動は足腰への負担も少なく、浮力が働くため身体への負担が少ないのが特徴です。

そのため高齢の方でも、しっかり運動することができるためおすすめです。