加齢臭はどうやって発生しているの?嫌な臭いのメカニズム

加齢臭の発生のメカニズム

加齢臭が発生するメカニズムをご存知でしょうか?

このメカニズムを知ることで、適切な加齢臭対策ができる大きなステップとなります。

 

加齢臭が発生するメカニズム

加齢臭は、年齢を経て中高年の年齢層に行くに伴って人間の体から発散される臭いを言います。

まず、よく加齢臭というと男性のおやじ臭と思われがちですが、実は男女ともに発生する年齢的な臭いなのです。

加齢臭が男性のものと誤解される理由は、その発生場所によるものが大きいためです。

加齢臭は皮膚、特に耳の裏や襟足、首の後ろなどからしみ出てきた臭いになるので、体臭に気を配る傾向のある女性の方が、より加齢臭を認識しにくいのです。

では、具体的に加齢臭はどのように発生するのでしょうか。

一般的に加齢臭と呼ばれる臭いは、ノネナールという物質から発せられます。

人の体は、皮膚を刺激物から守るために毛穴から皮脂を分泌していますが、この皮脂中には、以下の2つの成分が含まれています。

  • パルミトオレイン酸
  • 過酸化脂質

この2つの成分が結合、分解、酸化されることでノネナールが発生するのです。

若いうちは、ホルモンの働きで少量しか生成されないノネナールですが、男性は40歳代以降、女性は閉経後に代謝が落ちた結果、皮脂腺中のノネナールが増加していき、加齢臭として気になるようになっていきます。

 

加齢臭(ノネナール)はどんな臭い?

加齢臭の原因のノネナールについて

加齢臭がするかしないかは、ノネナールの臭いを知っていないとわかりません。

一般的にノネナールの臭いは、以下のような表現をされます。

  • ロウソクのような臭い
  • 腐った油のような臭い

一人一人の生活習慣が違うため、ノネナールの臭いにも個人差があります。

主に、摂取する食べ物や着衣、喫煙などの臭いにノネナールが混ざることで人それぞれの加齢臭となっていき、それが各々の普段嗅ぎなれたものとかけ離れて行くと、気になる臭いとなってしまうのです。

しかし、そんな気になる臭いが、加齢臭を発している本人が気づいていない場合も多く見受けられます。

その理由としては、嗅覚の順応性というものが存在します。

普段生活している自宅の臭いは気になることがあまりありませんが、他人の家にお邪魔した時にその家の生活臭を気にしてしまうことはありませんか。

それは、人間の嗅覚が順応性に富んでいるためなのです。

嗅覚が順応性に優れている訳は、いつもの匂いに紛れて危険な臭いを嗅ぎ逃すことを避けるためと言われており、言わば人間の防御反応のひとつであります。

しかし、そのために自分の臭いには鈍感になりがちなため、普段から清潔さを意識し、加齢臭の発生しやすい耳の裏や襟足、首の後ろなどを特に念入りに洗浄するなど、日ごろから気を付けて行くことが重要となります。