自分に適した睡眠時間を知るだけで毎日が変わる?

自分に適した睡眠時間と体臭

自分に適した睡眠時間を知る方法

体臭を発しない体質になるためには、適度な睡眠が一つの要因となります。

睡眠は、実はとても重要であり、体臭で悩んでいる方は、見直すべき項目の一つです。

MEMO
他の体臭の治し方は、以下にまとめています。

他の治し方を見る

その際、たくさんの睡眠時間をとることが大切なのではありません。

自分自身にあった適度な睡眠時間をとることが重要なのです。

この適切な睡眠時間は、個人差によって大きく変わり、一人一人必要な時間が異なります。

自分自身の適した睡眠時間を知ることで、より体の疲れを取ることができ、目覚めも良くなります。

日中の疲労が回復されないと、基礎代謝が低下したり、自立神経が乱れてしまいます。

体温調整や汗の量を調節する機能がうまく働かず、疲労臭や加齢臭、ストレス臭、ワキガ臭が強くなります。

体臭を発しやすい体質だと思い込んでしまいがちですが、実はこういったところに原因が潜んでいます。

体臭問題に大きく影響する睡眠時間の重要性と、必要な睡眠時間の見分け方について紹介します。

 

そもそも最適な睡眠時間とは?

一般的には、8時間程度の睡眠が理想と言われています。

適した睡眠時間は個人差があり、短時間でリセットできる人も居れば、一定時間睡眠が必要な人など様々です。

自分にあった睡眠時間や睡眠のリズムなどを、自信で把握することで、より効率的に疲れをとることができます。

一度把握すると、その後は長く役立ちます。

それほど大変なことではありませんので、この機会に把握してみるとよいでしょう。

 

自分に合った睡眠時間を見分ける方法

自分にあった睡眠時間を見つけるには、いくつかの方法があります。

適した睡眠時間は簡単に分かるものでもなく、その日の体調など身体が求める睡眠時間は変化します。

1日2日など短期間では正確性に欠けるため、できれば1週間単位判別するようにしましょう。

いくつか適した睡眠時間を見分けるためのポイントを紹介します。

 

睡眠時間を変えて検証

時間を変えて適した睡眠時間を見つける

睡眠時間を変えて、起きやすさを比較する方法です。

以下のように少しづつ睡眠時間を30分ずつずらしてみます。

MEMO
9時間 × 3日
8時間半 × 3日
8時間 × 3日
7時間半 × 3日
:

自分に適した睡眠時間の場合、起きやすさが違います。

実際に比較してみると、その違いは大きく感じることができるものです。

特に以下の3つをチェックすると、違いがわかるはずです。

  • 起床時の爽快度
  • 起床から4時間後
  • 入眠にかかった時間

 

起床時の爽快度

心身の疲労度に対して、十分な睡眠がとれていれば、すっきりとした目覚めになります。

もちろんその日の体の状態にも左右されますが、目覚めに頭が重かったり身体にだるさが残っている場合は、睡眠が足りていなかったり、過剰な睡眠の可能性があります。

適した睡眠時間では、眠りが浅いタイミングで起きることができるため、比較的気持ちよく起きることができます。

この爽快度は、ストレスや疲れなどと関係性が強いため、他の睡眠時間と比較して、どちらが優れているかチェックすることがポイントです。

 

起床から4時間後

体内時計で一番心身共に活発になる時間帯です。

一般的に身体的にも、脳内活動も日中で一番活発になる時間帯と言われています。

この時間帯にどれだけ疲労を感じていないかもチェックしてみると比較しやすくなります。

 

入眠にかかった時間

徐々に眠気を感じて眠りにはいるのが正常な入眠リズムと言われています。

すぐに眠りに入る人は、疲労が蓄積されていて常に睡眠時間が足りていない可能性があります。

ただし、過度なストレスなどの影響によっても発生するものです。

こちらも、他の睡眠時間と比較した場合でチェックすることがポイントです。

 

目覚まし時計を利用しない

目覚まし時計を使わないで睡眠時間をチェック

毎朝目覚めるのに目覚まし時計を利用せずに、自然と目が覚める時間をチェックする方法です。

ただし、時間がある場合にしかできないというデメリットがあります。

この方法は、疲労度や体調に合わせた睡眠をとり、体内時計で目覚めることで、必要な睡眠時間を知る方法です。

体内にできている生活リズムで起きやすいため、現在の最適な睡眠時間を知るのに適しています。

  1. 朝日が入らないようにカーテンを閉める
  2. 目覚ましをかけずに就寝
  3. 初めて目が覚めた時間を記録
  4. 3日間続けてその平均を算出

その際には、なるべく同じ時間帯に睡眠に入るようにしましょう。

寝室に入る時間がバラバラの場合、生活リズムの違いにより、正確性に欠けたデータが算出されやすくなります。

同じ時間帯に睡眠することによって、より正確に最適な睡眠時間を把握することができるのです。

 

アプリを利用する

睡眠分析アプリを使用する

最近では、いびきや寝返りなどで睡眠リズムを分析してくれるアプリが多く存在しています。

スマートフォンさえあれば、無料でアプリをダウンロードすることができます。

ツールを利用するメリットは、データを代わりに記録してくれることです。

睡眠には、レム睡眠(深い眠り)とノンレム睡眠(浅い眠り)の2つがあります。

睡眠時には、一定期間でこれらが交互のサイクルでやってきます。

レム睡眠の時間が長くなると、より深い眠りにつくことができ、睡眠効率を上げることができます。

また、ノンレム睡眠の時に起床すると、体が起きている状態であるため、すっきりと起きることができます。

これらのデータを1週間分見てみましょう。

自分自身が一定の周期で、上下動しているのが判別できます。

実際に、ノンレム睡眠時に起きれる睡眠時間を算出することで、自分自身の適切な睡眠時間を把握することができます。