ワキガを治すための食事について ~大切な栄養素と食材~

ワキガと食事

食生活はワキガに悪影響を及ぼす

食生活でワキガを治せる?

男性も女性もワキガで悩む方は多く、100人に1人はワキガであることがわかっています。

結論から言うと、食生活とワキガには関係性があり、食生活を見直すことで、ワキガの改善につながります。

食事による改善は、ワキガ体質の根本から治すことができるという強みがあります。

そもそも汗が出る汗腺には2種類あり、ワキガの原因となるのは、アポクリン腺と呼ばれる汗腺です。

参考 なぜ体臭が匂う?2つの汗腺の特徴と役割について

アポクリン腺から出る汗は、タンパク質、脂質、アンモニアなどの成分が多く含まれています。

汗と皮脂、雑菌などが混ざり、時間が経つことで多くの雑菌が繁殖します。

それにより、ワキガ特有のニオイを発生させます。

このアポクリン腺は、食生活に関係していることが分かっています。

主に以下の2つの働きが、ワキガに影響をもたらします。

  • アポクリン腺を成長させる
  • 食べもので汗の成分が変化

これらの影響について、詳しく紹介していきます。

 

アポクリン腺を成長させる

ワキガのニオイはアポクリン腺

食材によってはアポクリン腺を成長させることにつながり、汗をかく量が増えます。

それと同時に、分泌される皮脂量が増えます。

そうすると、以前よりも雑菌が繁殖しやすくなるため、さらなるワキガ臭へと影響します。

逆に言うと、食事を見直すことで、アポクリン腺の成長を抑えることができ、ワキガ予防になります。

 

食べもので汗の成分が変化

汗から皮脂が多くなる

ワキガの原因である汗は、食生活に大きく影響しています。

お酒をたくさん飲んだり、たくさんの量の食事をとった際の翌日は、汗に含まれる皮脂の量が一気に増えます。

特に大きな影響をもたらすのは、タンパク質、脂質、にんにくなどに含まれるアリシンの3つです。

これらは、適量であれば、影響ないのですが、過剰に摂取することで、汗の成分が変化して、強烈なワキガ臭になります。

 

ワキガを治すための栄養素とおすすめ食材

ワキガは、アポクリン腺から分泌した汗や皮脂などによって、菌が繁殖してニオイになります。

ワキガの臭いは肉類、脂類などを過剰摂取することで、ニオイが強くなります。

こちらで、摂取量の目安について解説していますので、気になるようでしたらご参照ください。

体臭に関係する食べものは?体臭に関係する食べものは?体臭の原因となる食材と体臭を抑える食材

また、ワキガ臭を解消するためには、以下の3つの成分が活躍します。

これらを意識的に摂るようにしましょう。

  • ビタミンC・E
  • ポリフェノール
  • クエン酸

 

ビタミンC・E

ビタミンCが大切

ビタミン類は、皮脂の酸化を抑える抗酸化作用が高い栄養素です。

さまざまなビタミンがあり、全部で13種類存在します。

その中でも、特に抗酸化作用の高いのは、ビタミンC・Eの2つです。

これらを多く摂取することで、脇の汗が出たと同時に分泌される皮脂の量がたくさん出ています。

抗酸化作用によって、脇からでた汗が時間が経っても酸化しにくくする効果があります。

それにより、脇から汗が出ても、ワキガ臭を発することを防いでくれます。

  • パプリカ
  • 柑橘類
  • ブロッコリー
  • キウイフルーツ
  • いちご
  • ほうれんそう
  • ナッツ類

 

ポリフェノール

ポリフェノールで一気にワキガを治す

ポリフェノールには、ビタミンよりもさらに強い抗酸化作用があります。

そのため、栄養素の中でも最も即効性に期待ができる成分です。

それでも体質から改善することになりますので、ある程度時間がかかります。

ワキガを治すために、持続するように定期的に摂取するようにしましょう。

また、ポリフェノールの一種であるカテキンとタンニンは特に抗酸化作用が強く、消臭効果の高い成分です。

デオドラントクリームや消臭剤などでは、最も定番の消臭成分です。

それほど、消臭力が高くワキガの改善にとても適している栄養素です。

  • ブルーベリー
  • カシス
  • 赤ワイン
  • 抹茶
  • 緑茶

 

クエン酸

クエン酸でワキガ予防

クエン酸は、酸味の強い栄養素ですが、体に溜まった疲れを癒すことができます。

そのため、スポーツ選手や筋トレなどでは、クエン酸の摂取がとても大切になってくるものです。

そんなクエン酸を摂取することで、無駄な疲労をなくすことにつながりますので、脇からの皮脂の分泌を抑えることができます。

また、それだけでなく、体内でアンモニアを分解する力があります。

分解することで、アポクリン腺からでるアンモニアの量が当然減ることになります。

それによって、ワキガ臭を予防するとともに、ワキガ体質の改善へと導く効果があります。

  • 梅干し
  • レモン
  • お酢
  • ベリー系

 

まず食生活を変えるには

ワキガ予防に和食がオススメ

ワキガのために食生活を見直すことはとても大切です。

ただし、効果が現れるには、最低でも1〜3ヶ月は様子を見る必要があります。

そのため、毎日継続してできるように、食生活の負担を減らすことも重要です。

その中でも、和食は、無駄な脂質を抑えることができる健康的な食事です。

洋食や中華では、肉類や脂質が多く使用されます。

そうするためには、1品1品、栄養素を考えながらでは、食事を作る負担が大きくなり、挫折につながります。

食事のジャンルを和食に増やすことで、負担を減らしながら、ワキガに効果的な食事を摂ることができます。