ワキガの効果的な4つの治し方の中でどれにすべき?

ワキガの治し方4つ

ワキガはどうやって治すもの?

ワキガは悩む方が多くいますが、治す方法が増えたために選べるようになりました。

治し方によって、消臭力や費用、持続力、安全性など様々な特徴があります。

治し方の特徴を知ることで、ご自身の状況に最適な治し方を見つけることができるはずです。

ワキガの治し方を見つけられるように、ワキガの治し方の4つについて紹介していきます。

 

ワキガクリーム

ワキガクリーム

ワキガクリームでワキガをケアすることができますが、主に以下のような特徴があります。

  • 殺菌力が高く徹底的に消臭できる
  • 密着性が高く持続しやすい
  • 制汗成分で汗を抑える
  • ワキガレベル軽度〜中程度の方に有効
  • 費用が抑えられる

ワキガクリームは、殺菌力が高いクリームが多く、ワキガの消臭にとても適したデオドラント剤です。

高い殺菌力によって、アポクリン腺から出る汗のニオイとなる雑菌を死滅させることができます。

また、配合されているパラフェノールスルホン酸亜鉛などの制汗成分が含まれているものが多くあります。

汗自体を抑えることのできるため、つけた後にワキガ臭が発生しにくくさせることができます。

また、クリーム状なので、脇へ直接塗り込んで密着させることができ、汗をかいても流れにくい特徴があります。

それによって、ワキガクリームをつけた後は、頻繁に塗り直す必要がなく、1日中持続するのがほとんどです。

また、クリニックでの手術や治療などに比べると、手術への不安や費用面での負担が軽いのが特徴です。

気軽に対策ができるので、軽度~中程度のワキガレベルの方は、クリームを継続使用することで日々のニオイを軽減させることができるでしょう。

ワキガケアを始めるには、まずワキガクリームから始めることをおすすめします。

ワキガクリームのおすすめランキングワキガクリームのおすすめランキングTOP4!【保存版】

 

サプリメント

ワキガに効果的なサプリメント

  • ワキガのニオイを内側から抑制
  • ワキガ体質の根本から変えることができる
  • ワキガレベル軽度~中程度の方に有効

ワキガクリームが体の外側からのニオイ対策なのに対して、体の内側からニオイを抑えてくれるのがサプリメントです。

サプリメントに含まれる茶カテキンや柿渋エキスなどといった消臭成分や、クロロフィルやクロロフィリンなどの殺菌成分が含まれています。

それらの効果で、ワキガの独特のニオイとなるコリネバクテリウムという常在菌を殺菌することができます。

また、ワキガサプリの特徴に、腸内環境を整える作用が含まれています。

ワキガの元となるスカトール・硫黄・硫化水素などの発生には、腸内の悪玉菌の増殖が原因でもあります。

ワキガサプリは、その悪玉菌の増殖を抑えて善玉菌とのバランスを保つ効果もあるものがほとんどです。

体のニオイがしない状態へと、総合的にケアしてくれます。

 

クリニック

クリニックでワキガを施術

ワキガをクリニックで治す場合、以下で受診することができます。

  • 皮膚科
  • 美容皮膚科
  • 形成外科

ワキガの程度や予算、また保険適用の有無などによって各クリニックごとにその手術・治療方法は異なります。

一番オーソドックスで保険も適用される「剪除(せんじょ)法」と言われる手術法を始めるのがおすすめです。

現在一般的におこなわれている手術・治療法は以下のような種類があります。

まずは、クリニックに行く前にこれらについてざっと読んで知っておくことをおすすめします。

最終的に判断するのは、あなた自身になります。

最低限の知識を得た上で、医師の方と相談すると安全かつ納得した結論にいきつきやすいです。

クリニックでワキガを治療するのは、以下のような特徴があります

  • 完全にワキガを改善できる
  • 半永久的に効果が続くのがほとんど
  • 脇の下に傷あとが残る場合がある
  • 費用がかさむ
  • 精神的な勇気が必要

 

剪除法

アポクリン腺と呼ばれるワキガの原因となる汗腺を、脇の下の皮膚3~5センチほど切開して裏返すことで丁寧に取り除くことができる手術法です。

最も効果的で多くの方が行なっている方法ですので安心感のある方法です。

効果が高く、ワキガであった場合の約90%ものニオイを断つことができます。

また、ワキガの原因とアポクリン腺に対して処置を行うため、半永久的に効果が続きます。

ただし、脇の下に約2~4cmほどの傷跡が残ってしまいます。

この傷あとは、時間とともに目立たなくなるものの、完全に消えることはありませんので、施術の際にはよく考えるようにしましょう。

ワキガレベルが中程度~重度のワキガに悩む方に向いています。

 

シェービング法

アポクリン腺を取り除いていく方法です。

脇の下の切開はわずか1センチほどで、その切開部に剃刀の刃がついた器具を差し入れて、アポクリン腺を削っていきます。

傷跡は非常に目立ちにくく、ほとんどわからない程になります。

ただし、剪除法ほどはアポクリン汗腺を除去することができないため、効果は低いです。

シェービング法の除去率は60%であり、軽度~中程度のワキガの方には有効です。

施術に抵抗があった方が、最も行いやすい方法でもあります。

ただし、重度のワキガレベルの方には効果があまり感じられない場合があります。

 

ミラドライ法

FDAと呼ばれる、医療品・食品・化粧品などの安全に関する認可や違反取締をおこなう機関があります。

ワキガの治療に対しても取り締まりをしている訳ですが、FDAに効果が認められている、ミラドライという医療機器を用いた治療法になります。

メスは使わず脇に特殊なマイクロ波を当て、その熱でアポクリン腺を破壊していきます。

破壊された汗腺は復活することはありませんので、剪除法と同じく半永久的に効果が持続します。

また、メスで肌を切り開くことがないのが大きなメリットです。

ワキガレベルが重度の方でも十分な効果を実感できます。

ただし、費用が高くなるデメリットを持っています。

 

ボトックス注射

ボトックス注射は、直接ワキガを治すことはできません。

注射を打つことによって、アポクリン腺の活動を抑え、ニオイのある汗の分泌を止める効果があります。

効果は個人差がありますが、一度打つと、約3か月~半年程度持続します。

汗のかきやすい夏季だけの効果を希望する方に多く、気軽にワキガ治療をおこないたい軽度~中程度のワキガレベルの方に向いているでしょう。

 

ボディーソープ

ボディーソープでワキガを治す

  • 脇を清潔に保つことができる
  • 全身の肌ケアもできる
  • ワキガレベル軽度の方に有効
  • 効果が出るのに時間がかかる
  • 自然に続けることができる

ワキガに悩む方のセルフケアで重要な項目の1つとして、いつも脇を清潔にしておくことが挙げられます。

清潔するのに欠かせないアイテムがボディーソープです。

ボディーソープの質によって、ワキの清潔度が大きく変わってきます。

また、時間経過しても、菌が繁殖しにくい環境を作ってくれるため、長持ちする効果があります。

その反面、ボディーソープは洗い流してしまうものですので、ワキガクリームやサプリに比べると効果が弱い傾向にあります。

洗浄力が強かったり、ゴシゴシと力強く洗っている場合には、肌の乾燥によってニオイが発生している可能性が高くなります。

ボディーソープを少しいいものに変えることで、保湿成分がしっかりと配合されるようになります。

肌にうるおいを与えてくれるため、脇の下で菌が繁殖しにくくなるため、ワキガのニオイを抑えることができます。

ワキガ専用のボディソープは、毎日の脇の清潔を保つパートナー的な存在として、自然に毎日使用することができます。