加齢臭を落とすために洗うべき場所と洗い方

加齢臭の体の洗い方

加齢臭を落とすために洗うべき場所

加齢臭は体の部位によって発生のしやすさがあり、場所によってニオイの強さが大きく異なるものです。

加齢臭が発生しやすいのは以下の8つで、特に注意すべき部分です。

  1. 背中
  2. 脇の下
  3. 首の後ろ
  4. 耳の裏
  5. 足の指
  6. 頭皮
  7. 顔のTゾーン

これらの場所から、加齢臭の原因であるノネナールという物質がよく分泌されます。

このノネナールは、皮脂腺の多い脇の下や、洗い忘れの多い耳の裏などから発生しやすい特徴があります。

また、それ以上に加齢臭が発生しやすいのが、背中から首の後ろの部分と頭皮が挙げられます。

特に背中は、皮脂の分泌が多い上に隅々まで洗いづらいため、キレイに汚れを落としきれずに加齢臭につながりやすい部分でもあります。

加齢臭には要注意すべき場所です。

また、頭皮も皮脂腺が多い場所であるため、加齢臭を発生しやすいです。

加齢臭の発生を少しでも軽減するには、加齢臭の発生しやすい部分を意識して洗うことが重要なのです。

 

加齢臭をケアするための体の洗い方

体を洗うためには、以下のようなことを意識することで、効率よく加齢臭を予防することにつながります。

  • ボディソープを良く泡立てる
  • 泡でなでるように洗う
  • 肌に優しいボディータオルを使う
  • 体の洗う順番を意識する
  • 朝シャワーを浴びる

 

ボディソープを良く泡立てる

ボディーソープを泡立てる

加齢臭を防ぐ体の洗い方で大切なのは、肌表面を石鹸の良い香りにしてニオイを消すことではありません。

良く泡立てたきめ細やかな泡を肌に乗せ、毛穴の奥まで石鹸の成分を行き渡らせることです。

そうすることで、加齢臭の元から断つことにつながります。

体や顔を洗う際には、ボディータオルを用いて、十分に泡立てるのがポイントです。

 

泡でなでるように洗う

泡で優しく洗う

体を洗う際に、汚れを落そうとゴシゴシ肌を擦るように洗うのはすぐにやめましょう。

特に男性の場合、自然にゴシゴシと洗っている方は非常に多くいます。

そうすると、皮膚に必要な皮脂まで落としてしまい、逆に肌を守ろうと皮脂を過剰に分泌して、加齢臭を発生させてしまいます。

 

肌に優しいボディータオルを使う

ボディタオルを使いやすく

背中の中心まで手が届かない場合や、耳裏を洗う場合にはポイントがあります。

綿(コットン)や絹(シルク)でできた低刺激で柔らかい素材のボディータオルを用いるようにしましょう。

細かな部分も優しく洗うことができるため、細かく気にして洗う必要もありません。

ナイロンなどの化学繊維が含まれていると、ボディータオルが固く、すぐに肌を傷つけてしまいます。

また、背中の届くボディータオルを使用するようにしましょう。

肌への刺激を軽減し加齢臭の発生を抑えながら、体の隅々まで洗うことができるようになります。

 

体を洗う順番を意識する

体の洗う順番で加齢臭を消臭

加齢臭をより効率よく落とすには、体を洗う順番はとても大切です。

特に、ニオイの強い場所から順番にゆっくりと洗っていくようにしましょう。

以下のような順番で洗うと効果的です。

  1. 首の後ろ
  2. 背中
  3. 耳の裏
  4. 脇の下
  5. 足の指
  6. その他の箇所

また、体を洗ってからすすぐまで、数分ほど時間を置くと効果を発揮しやすくなります。

 

朝シャワーを浴びる

朝シャワーを浴びて加齢臭予防

就寝時、人はコップ1杯程度の汗を自然とかいています。

さらに、多くの皮脂が分泌され肌表面に浮き上がっているため、朝起きた際は、多くの汗と脂が分泌された状態です。

朝に一度シャワーを浴びて、体をキレイにすることで、日中の加齢臭の発生を大きく遅らせることができるのです。

前日の入浴時に正しく体を洗っていれば、シャワーで洗い流すだけで十分効果があります。

いつも午後や夕方になると、体臭が気になる方には、朝のうちにシャワーを浴びることが効果的です。

 

頭の洗い方

頭を洗う際には、以下の2つを重点的に意識すると良いでしょう。

  • 予洗いをしっかり行う
  • 念入りのすすぎ

 

予洗いをしっかり行う

予洗いで頭の加齢臭ケア

ブラッシングが終わったら、約40℃前後の熱すぎず、暖かいお湯だけで髪の毛を予洗いします。

予洗い時に大切なのは、髪の毛だけではなく頭皮もしっかり濡らして汚れを浮き上がらせることです。

シャワーを浴びると同時に指の腹を使って、髪の生え際から頭皮全体をマッサージしましょう。

その際には60回のマッサージ、60秒を目安に行ってみましょう。

バシャバシャと洗うのでなく、ゆっくりと行うことで、表面にこびりついた汚れもお湯の力で落とすことができます。

そうすることで、シャンプーがしっかりと泡立ち、その泡で頭皮の奥まで洗浄することができます。

つまり、頭皮からのニオイを予防する効果につながります。

ただし、長くやりすぎると、必要以上に皮脂を落としてしまうため、頭皮が乾燥してしまいます。

頭皮が乾燥すると、さらにニオイやすくなるため、あくまで1分を目安にすることをおすすめします。

 

念入りのすすぎ

しっかりと洗い流す

シャンプーのすすぎ残しは、毛穴を詰まらせ頭皮環境の悪化を招きます。

そうすると、頭皮を守る為にやはり皮脂が大量に分泌されることとなり、結果的に加齢臭へと繋がってしまいます。

シャンプー後はすすぎ忘れがないよう時間をかけて入念に洗い流しましょう。

 

ボディーソープもとても重要

加齢臭ケアのボディーソープの重要性

加齢臭を予防するために、お風呂での体の洗い方や頭の洗い方を意識してみてはいかがでしょうか。

特に体の洗い方は、直接加齢臭に関係しているため、重要であります。

最初は意識する必要がありますが、習慣化すれば自然とできることですので、まず試してみることをおすすめします。

また、その際には、使用するボディーソープの働きがとても重要になります。

男性の加齢臭用に販売されているボディーソープも多くありますが、以下でランキングをまとめています。

男性の加齢臭のためのボディーソープおすすめランキング男性の加齢臭を予防するためのボディーソープのおすすめランキング3選