加齢臭の大きな4つの原因について

加齢臭の原因

加齢臭の原因

年齢を重ねるにつれて、加齢臭が発生する確率もどんどんと上がります。

「最近、体臭が気になる」「加齢臭が臭いと言われた」など、加齢臭が気になり始めるタイミングはそれぞれです。

しかし、自分自身の加齢臭が気になる場合、他人はそのニオイに気づいていることがほとんどです。

バレていないと思っていても、第三者に加齢臭で困らせているかもしれません。

逆に加齢臭が気になるということは、自分自身のニオイに気づけたという、大きな進展なのです。

ここで、加齢臭の原因を知ることで、ご自身に適切な加齢臭ケアをしやすくなります。

 

偏った食生活

加齢臭と食べ物

加齢臭と食生活には大きな関係があり、栄養の偏った食事を毎日続けることで、加齢臭が発生しやすい体質へと変化していきます。

特に、油やタンパク質、アリシンなどの摂りすぎは、加齢臭を悪化させる働きがあります。

これらの栄養素は、摂りすぎに気をつけて、過剰摂取を避けることが大切です。

また、ビタミン類やクエン酸などの栄養素は、加齢臭を軽減させる働きがあります。

これらを意識的に摂取することで、加齢臭を体の内側から消臭する効果があります。

特に、独身男性の場合には、食事のバランスが偏り、栄養を十分に取れていない傾向があるので、要注意です。

 

ストレス・睡眠不足

加齢臭とストレス

肉体的なストレスや精神的なストレスは、加齢臭へとつながっています。

疲労が溜まったときに、ストレス臭や疲労臭という名前があることからも、その密接な関係性がわかります。

会社に勤めていて、ストレスを多く抱えている男性は、加齢臭の原因として要注意です。

この加齢臭の原因には、自分自身のストレス発散方法や、疲れを癒す方法などを見つけることが重要です。

 

運動不足

加齢臭と運動

運動が全然できていない場合、加齢臭の原因になり得ます。

運動を始めても挫折する割合が多いため、少しずつ負荷を加えることをおすすめします。

まずは、自宅内でできる体操から始めて見るのも良いでしょう。

家庭を持っていたり、仕事が忙しかったりして、なかなか時間が取れない方も多いかと思います。

そんな方でも、工夫して運動に取り組めるように、以下でどんな運動をすべきかまとめています。

 

タバコ

加齢臭とタバコ

加齢臭とタバコには大きな関係性があります。

タバコを吸っているようであれば、禁煙することで、大きく改善することが期待できます。

逆に、タバコを吸っている状態で、食生活の改善や運動を行っても、タバコで加齢臭を悪化させてしまいます。

本気で加齢臭を治したいのであれば、真っ先にやめたほうがよいでしょう。