加齢臭ケアには実はボディーソープが大切だった?AGICAのボディーソープでわかること

加齢臭ケアには実はボディーソープが大切だった?

中年男性は、さまざまなニオイの悩みが出てきます。

もっとも多いのが加齢臭ですが、実は加齢臭対策にボディーソープは大切です。

そんな理由とおすすめのボディーソープを紹介します。

 

加齢臭対策にボディーソープは有効?

汗は、人間の体の至るところから出てきますが、ニオイの原因となっているのはこの汗ではありません。

ニオイは、出た汗と皮膚の表面に存在する菌が繁殖することにより発生するのです。

男性は加齢とともに、汗に含まれる乳酸が皮膚の菌と繁殖して、ニオイの原因であるジアセチルの発生する量が増えます。

また、皮脂腺の中で脂肪酸が増加し、ニオイの原因であるノネナールを発生します。

これらによって、加齢臭が発生する原因となっています。

こうしたニオイを抑えるには、菌を繁殖させないことと、皮膚の菌を減らすという2点が大切です。

ボディーソープは、汗がよく出るワキや手、足裏までも全身を隈なく泡で優しく、そしてしっかり洗ってケアすることができます。

また、ただ汚れを洗い流すだけでなく、加齢臭を根本からケアすることで、ニオイを発する体質を改善することができます。

 

AGICAのボディーソープで加齢臭対策できる?

 

AGICAのボディーソープで幅広いニオイを徹底カット

agicaのボディーソープの消臭効果について

AGICAは、多くの男性が年齢と共に悩んでいる、加齢臭やミドル脂臭に効果を発揮します。

男性は30代を超えた頃からミドル脂臭に悩む人が増えてきます。

そして、40代頃には加齢臭も加わり、50代頃にはミドル脂臭と加齢臭が混じり合う事で、より強力なニオイであるミドル脂臭が発生するようになる傾向があります。

ニオイに悩んでいる男性にこそ、AGICAのボディーソープは開発されています。

幅広いニオイを徹底消臭してくれ、気になるニオイを感じさせません。

その証拠に、AGICAのボディーソープを用いた実験結果で、加齢臭の原因と言われるノネナールの残存率は99.880%、ミドル脂臭の原因と言われるジアセチルの残存率は99.931%と、高い数値になっています。

しかし、AGICAのボディーソープが消臭効果を発揮するのは、加齢臭・ミドル脂臭だけではありません。

汗臭の原因と言われる酢酸の残存率は99.998%、足臭の原因と言われるイソ吉草酸の残存率は99.998%と、これらに対しても高い数値を誇っています。

悩みのさまざまなニオイに対して、AGICAのボディーソープは徹底的に消臭する効果を持っています。

 

消臭効果は持続するのか?

AGICAボディーソープの効果は使い続けることで、より実感することが可能です。

消臭効果を持続させることができるのは、AGICAのボディーソープに、竹炭成分や銀イオンの成分が配合されているためです。

皮膚の汚れや毛穴の皮脂汚れを落としてくれ、皮膚の雑菌を抑えます。

しかし、これだけでは消臭対策万全とは言えません。

AGICAの効果は一時的にニオイを取り除くだけでなく、その後のケアも施されています。

顔のケアは、洗顔だけではなく、その後に化粧水や乳液でケアし、乾燥による皮膚へのダメージを防ぐためしっかり保湿します。

それと同じで、折角体を洗っても皮膚が乾燥しすぎてしまっては、過剰に皮脂が分泌されてしまい、かえって雑菌を増やしかねません。

そのため、AGICAのボディーソープには、その場しのぎの菌の除去だけでなく、その後の菌の繁殖を防ぐ対策として保湿成分もしっかり含んでいます。

皮脂のコントロール・皮脂の分泌の改善もできるようになっているため、効果が持続していきます。

毎日AGICAのボディーソープを使い続けることで、におわない体へと導く効果があります。