背中の汗が多すぎる?そんな時に見るべき抑える方法と原因について

背中の汗が大量にかく対策方法

背中は汗をかきやすい部分ですが、大量にかきすぎる場合には原因があります。

当てはまる原因と適した対策方法についてご紹介します。

 

背中の汗かきの原因は?

背中の汗の原因は?

 

体質

背中は広い面積を持ち、体内の熱を体外へ排出するのに最適なため、汗腺が多く存在し、汗をかきやすい場所です。

汗腺には2種類ありますが「能動汗腺」が汗を出す汗腺です。

能動汗腺の位置は人によって異なるため、背中によく汗をかく場合には、能動汗腺が背中に集中している体質の可能性があります。

その能動汗腺が背中にある人は、背中にたくさん汗をかいてしまう傾向にあります。

小さい頃から背中の汗が多い場合には、体質である可能性が高いです。

 

バランスの悪い食生活

油の多い食事を頻繁に食べていたり、アルコールをたくさん飲みすぎたりするのは背中の汗の原因となります。

高カロリーの食べ物を食べると、体の中に熱がこもります。

こもった熱を体の外に出そうとして、汗がどんどん出てくるのです。

前日にたくさんお酒を飲んだ、暴食してしまったなど、一時的に背中の汗が多くなるケースです。

 

エアコンの使いすぎ

エアコンを多用すると、体温を自身の力で調節する力が弱まってしまい、背中の汗を誘発します。

室内で過ごすことが多いことも、体温調節を難しくしてしまうことの一因と言えるでしょう。

 

多汗症

多汗症とは、汗をかく必要がない時までたくさん汗をかいてしまう症状を言います。

特徴としては手や足、脇や背中といった一部のみ汗をかくといったことが挙げられます。

最近になって、一気に背中の汗の量が増えたと感じる場合は、多汗症の可能性があります。

 

背中の汗かきの対策方法

背中の汗を抑える・ケアする方法について

背中にたくさん汗をかいてしまうと、服がしみてしまったり、体臭として発生したりしてしまいます。

また、背中ニキビなどの肌トラブルにつながります。

背中の汗対策として有効なのは、以下の4項目が挙げられます。

 

食生活の改善

汗腺に影響する肉などを中心とした食事を少なめにして、やはり野菜を中心とした食事を心がけることが重要です。

その他にも、背中の汗を抑えるには、豆乳などの大豆類を多く取り入れるとよいでしょう。

大豆イソフラボンは、汗のニオイの原因の一つである、過酸化脂質を抑制し、汗の量を減らしてくれるうれしい効果が期待できます。

 

定期的な運動

一時的ではなく、長期、定期的に運動することを心がけましょう。

有酸素運動は背中の汗対策にうってつけです。

同時に、浴槽につかってしっかり汗をかくことも、汗対策の一つであると言えます。

 

質のよい睡眠

睡眠時間は毎日しっかり確保しましょう。

人間の理想的な睡眠時間は、7時間〜8時間と言われています。

ゴールデンタイムと言われる22時〜2時の間は、きちんと眠れる環境を整えることが大切です。

 

背中をケアする

清潔な状態の背中にスプレーやクリームなどの制汗剤を付けます。

制汗剤を使用するときは、肌が完全に乾いている状態で使用することがポイントです。

通勤、通学の間だけでもガーゼなどの肌にやさしい素材のタオルを、背中に入れておくと、背中の汗が服に付着するのを防ぐことができます。