におう汗とにおわない汗を見分けることで効率良く体臭ケアできる

汗を見分けてしっかりと体臭ケアを

同じ汗でも、におう汗とにおわない汗に分けることができます。

これらを見分け、におう汗をかいている時には、体臭ケアを行うようにしましょう。

 

におわない汗とにおう汗の違い

におわない汗とは?

におわない汗の特徴は、以下のようなことが挙げられます。

  •  水のような汗なので蒸発しやすい
  •  汗をかく時小さめの粒になる
  •  舐めても塩辛い味がしない
  •  ニオイはほぼなし

汗には、エクリン腺という体温調節のために汗腺から分泌される汗と、アポクリン腺という緊張や興奮した時など精神状態が影響して分泌される2種類があります。

ニオイのしない汗は、エクリン腺から出た汗のことを指します。

エクリン腺から分泌される汗は、体温が上がるとともに血中からミネラル分や水分が汗腺に取り込まれます。

この時に、皮膚表面からは水分と少しの塩分のみがエクリン腺から排出され汗となります。

それは体にとって必要なミネラル分が血液に再度吸収されるためです。

この汗をかくとサラサラとしていて、水に近いのが特徴です。

実際に、99%の成分が水分でできているため、ほとんどニオイが発生しないのです。

 

におう汗とは?

以下の特徴を持った汗をかいている場合は、強くにおう可能性があります。

  •  べたべたした汗で蒸発しにくい
  •  汗をかく時大きめの粒になる
  •  舐めたら塩辛い
  •  雑菌の繁殖で臭くなる

肉中心の食生活や日々のストレスに加えて、運動不足など汗をかく習慣がないことで、におう汗をかきやすくなります。

体や汗腺に溜まった老廃物や角質などが、汗をかいた時に一緒に排出されるのでにおう汗になるのです。

この汗はアポクリン腺から排出されるのですが、そもそもアポクリン腺はニオイのもとを出すための汗腺です。

脇の下と性器周辺、耳の中などの特定の箇所にのみ存在します。

脂肪や鉄やタンパク質が含まれていて、ギトギトとした汗であることが特徴です。

 

ニオイのしない汗とにおう汗の見分け方

におう汗とにおわない汗の見分け方

これらの汗の見分け方は、特徴の違いからもわかるとおり、汗の質によって見抜くことができます。

におう汗は、油のようなギットリさがあります。

一方、ニオイのしない汗は、サラサラとしていて水のように滴り落ちやすいのが特徴です。

ギトギトした汗は、掻き心地が悪く、ニオイも発生するため要注意です。

他にも、確実に見抜く方法として、赤いリトマス試験紙を用いた見分け方もあります。

目安として、色が変わらない酸性であればニオイのしない汗で、青色のアルカリ性になったらにおう汗となります。

 

コメントを残す