どうしても洗濯物の生乾きのニオイがする?見直すべき3つの対策方法

洗濯物の生乾きのニオイがするときに役立つ3つの対策方法

洗濯物の生乾きのニオイは、不快な印象を与えてしまいます。

ニオイも強烈であり、他の人が気づくだけでなく、自分自身も嫌な気分になります。

洗濯物の生乾きがとれない場合、見直すべき対策方法を紹介します。

 

洗濯の生乾きってなんで発生するの?

洗濯物の生乾きの原因は?

洗濯物の生乾きの嫌な臭いは「モラクセラ菌」という雑菌が原因で発生しています。

モラクセラ菌の正式名称は、「モラクセラ・オスロエンシス」で、口の中などの粘膜に常に存在しています。

この菌は、洗濯物に付着している水分や皮脂をエサにします。

しばらく時間が経つと、モラクセラ菌の排泄物が洗濯物につくことにより、生乾きの嫌なにおいが発生してしまうのです。

また、雑菌は湿気が多い環境下で繁殖するため、汗をかいたままの服を長い間放置してしまったり、洗濯物が乾くまでに長時間かかってしまうと、嫌なにおいが発生しやすくなります。

そのため、濡れたタオルを洗濯かごに長時間入れたままにしておくことは、タオルだけでなく、他の洗濯物も嫌なニオイを作り出してしまう原因となります。

部屋干しをすると生乾きの嫌なニオイがしやすくなりますが、部屋干しは乾くまでに時間がかかります。

その間にモラクセラ菌が大量に増殖してしまうからだと言えます。

 

洗濯の生乾きの対策方法

生乾きのニオイの対策方法

外気が当たる場所で干す

可能な限り早く乾かすことによって、洗濯物の生乾きのニオイを予防することができます。

洗濯物が早く乾燥することで、細菌が増えることを防ぐことができるためと考えられます。

洗濯物が外気に触れる面積が大きいほど、洗濯物はよく乾きます。

できるだけ洗濯物の表面が、外気に多く触れるように干す工夫をしましょう。

干すスペースが限られている場合は、太いハンガーを使うと、洗濯物の中にまで風がとおり、乾くまでの時間が短縮されます。

洗濯機での洗濯が終了したら、そのまま洗濯槽に入れたままにしないで、できるだけ早く干すようにしてみましょう。

 

乾燥機を使う

洗濯物を乾燥機で乾かすことは、部屋干しと比較すると時間の短縮になるだけではなく、ニオイ防止の効果も期待できます。

乾燥機は乾燥するときに、非常に高い温度で乾かしながら除菌までしてくれるからです。

雑菌は高温によって死滅し、乾燥した環境下に置かれて、繁殖することができなくなります。

ただし、乾燥機での乾燥は服を傷めてしまう場合もあるため注意が必要です。

雨の日など、湿度が高く部屋干しができない時だけ、乾燥機を利用するなど工夫して取り入れるとよいかもしれません。

また、乾燥機で完全に乾かすのではなく、低温で10分程度乾燥機で乾かした後干すと、服のダメージを軽減して、乾燥時間も短縮することができます。

乾燥機に乾いたタオルを一緒に入れて運転すると、洗濯物を早く乾かすことができます。

 

洗濯機/乾燥機の除菌

洗濯機や乾燥機は長期間使用を続け、放置していると大量のカビや雑菌が増えてしまいます。

発生したカビや雑菌が洗濯した衣類に移ってしまい、生乾きの嫌なニオイを引き起こしている可能性もあります。

いくら干し方や乾かし方を工夫しても、洗濯機が汚れていると生乾きの嫌なニオイを消すことができなくなってしまいます。

2週間から1か月に一度、洗濯槽や乾燥機を掃除することがベストです。

最近ではいろいろな種類の洗濯槽専用のクリーナーが販売されているため、手軽に掃除することができます。

また、雑菌を増殖させないために、洗濯した後は洗濯機の蓋は空けたままにしておきましょう。

洗濯機内部を湿ったままにしてしまうと、カビが繁殖しやすくなってしまいます。

 

コメントを残す